産休に入ってから…

産休も2週目に突入。









月曜日は母親学級、

昨日は産院に持っていくバッグを用意して、

今日は赤子のエコーチェックを受けてから、近所の大型スーパーで赤ちゃんグッズフェアをやってたので、新生児用のおむつやらおしりふきやらボディーソープやらを購入してきて…。









毎日なんかしら赤子を迎え入れるための準備をしているのものの、それでも時間が余るという贅沢。









あぁ、こんなに時間ってあったんだなー









これまでできなかった(いや、やろうとしてこなかった)お風呂場やキッチンの水場のタイルの目地の掃除とか、KTAのズボンの膝小僧の穴の修繕やら、主婦的なこともやってみちゃったりして。









そして、毎晩、これまでは時間がなくて(もしくは、ないと言い訳して)手作りなんかしてなかった料理(しかも、冷蔵庫のあまりものを利用した料理!)にも挑戦している自分。









揚げ春巻きに、煮込みハンバーグに、かにチャーハンに、デザート用のケーキに…









本当はこういうこと好きだったのかしら、私!?

と錯覚しちゃうぐらい、たまにこういうことするのも楽しいものですね。

どうせ赤子が生まれちゃったら、こんな余裕はなくなっちゃうからね。

今のうち今のうち。



続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



出産経過報告 その5 『入院生活 - 初めての授乳』

経過報告もその5になってしまいました。

懲りずに読んでくださってる方、簡潔にまとめられなくって、すみませんっ

(しかし、ひとりで新生児のべべの世話をしながら、よくこんなに長文を書く時間が取れると、自分で自分に呆れるって言うか、感心しちゃいますね)



2月23日

午前7時


泣き出したべべを連れて、助産婦さんが入ってくる。

「お腹がすいているはずだから、添い乳してあげてください」と言われる。

というわけで、初めてのおっぱいは添い乳! 助産婦さんが私の傍らにべべを横向きに寝かせてくれる。懸命に乳首を探すべべ。そして、同じく懸命に乳首を彼の口に咥えさせようとする母。やっと食いついてもらえると、胸の奥がひっぱられるような、こそばゆい感覚。じわじわじわ~と、幸福感に包まれる 40分ぐらいかけてたっぷりお乳を飲み終えると、べべはそのままご就寝。



午後9時過ぎ

お隣さんは、早速シャワーを浴びて、着替えて、すっきりしたお顔。私はと言うと、助産婦さんが下の世話、身体を拭いてくれたりしてくれてはいるものの、昨日出産予定だった病院で支給されたオペ患者用着のまんま。点滴の水分補給のせいで汗もかきまくりだし、早くシャワーが浴びたいよう 

回診に来たナースに、いつ点滴が取れるのか訊くと、午後に麻酔医の回診があるので、それでOKが出たら晴れて自由の身になれるとのこと。



10時半、足りなかったべべの下着やらパジャマやらおくるみやらを抱えて、ダンナ到着。



11時、助産婦が、赤ちゃんの沐浴指導の迎えに来る。が、私は寝たきりのため、本日はパス。べべとお隣さん&赤ちゃんペアを連れて、助産婦が沐浴へ。なんか、置いてきぼりを食ったような気持ち…



午後

同部屋さんの見舞い客がかわるがわる訪れる。常に4、5人の見舞い客が。中にはまだよちよち歩きの赤ちゃんや、うちのべべの方にも寄ってくる5,6歳位の幼児も。出産予定だった産院では、入院者の実子以外の15歳以下の子供の入室は許されなかったはずだけど…

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

出産経過報告 その4 『入院生活 - 聞いてないぞ』

2月22日

午後4時半


目が覚める。というか、起こされる。

「よく寝てましたね。相当疲れてたんですね」と感じワル助産婦。

そりゃ、2晩眠れずに出産は大仕事でしたからね。でも、産後すぐにここまで熟睡しちゃうヒトって、そういないのに違いない。胸の上にいたはずのべべは、いつの間にやらいなかった。ダンナが、ほどなく新生児室へ連れて行かれたのだと言った。

車椅子で病室へ移動。病室は2人部屋。お隣さんは、今出産したばかりということで、後ほどいらっしゃるんだそう。なんだ、一部屋独占できると思ってたのに。

あいかわらず左腕には点滴が着けられている。しかも、点滴液も二種類。

「明日のお昼までは、横になったまま動かないで下さいね。おトイレに行きたくなったら、ナースコールをして下さい。し尿トレーを持って来ますので。くれぐれも、ひとりで立ち上がったりしないで下さいね」と助産婦。

なんだなんだなんだ。そんなの聞いてないぞ 出産後、寝たきりで過ごさなくちゃいけないなんて。翌朝にはシャワーを浴びて良いって、母親学級では言ってたぞ。

少し遅れて、ベビーケースに入ったべべが連れてこられる。あいかわらず、ぐっすり眠っている。

「あの、寝たきりでって、赤ちゃんの世話はどうしたら良いんでしょう?」

「泣いたらナースコールしてください。今夜10時以降は、新生児室で預かります。ゆっくり寝て、明日からの赤ちゃんの世話に備えてください」

あ、そう。でも、ま、ゆっくり眠れる最後の夜かもしれないしな。と、納得。



午後6時半

「じゃあ、俺も疲れたし(彼も昨夜は私に付き合い徹夜だった)、ミネコのこともあるからもう帰るな。明日朝10時ぐらいには来るから」と、ダンナ帰宅。



午後7時過ぎ、

同部屋さんご到着。綺麗なヒト。続いて旦那様と赤ちゃんも。しばらくすると、旦那様の家族らしき人々がぞろぞろと出産見舞いに到着。出産後数時間後に見舞いに来るもんか?? あたりが騒がしくなったのに、べべは起きる気配なし。こやつ、眠り病では???



ここからは、下の話題も入ってきますので、興味がある方だけお続け下さい…

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

出産経過報告 その3 『生まれた!』

出産経過報告 その3です。

長くなっちまって、すみません

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

出産経過報告 その2 『分娩スタンバイOK』

出産経過報告 その2です。

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
プロフィール

minette2

Author:minette2
にーとまーの5歳違いの日仏男児との日常を綴っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR