KINGDOM新巻!!

タイトルは、フランスでの新巻、という意味ね。
KINGDOM 31、32、33巻。
493FE1E3-4682-4034-919B-43B26FDF56F9.jpeg


3ヶ月に一回、3、4冊まとめて、というペースで、KINGDOMは発売されています。
今回は、34巻も発売されたのに、売り切れだったとか。
普通、みんな、買うなら新巻全冊買うよね。なんで1冊だけ売り切れ?



KINGDOMは、私の数少ない、日本語のオリジナルを読んだことがない漫画。
たいていの漫画は、フランス語版から読みだすと、
そのうち日本語オリジナルも読むようになるんだけど…



漫画村さんもなくなっちゃったしね(´・_・`)
日本に帰るまでに読みたい気持ちがフェイドアウトしてっちゃうって言うか。



でも、フランス語で日本の漫画を読むって、フランス語が楽しく学べる、良い手段ではありますな。



言わずもがな、漫画大国のフランス。
今や大型スーパーの書籍コーナーも、漫画コーナーがこんなに充実しています。
4EF645E0-70E9-438F-AE0C-3296EB9EB482.jpeg
手前のスライド式の棚の後ろにも、漫画がぎっしり詰まってます。



漫画やアニメから日本好きになるフランス人は、かなり多いと思いんじゃないかな。



しっかし、KINGDOMにせよ、ワンピースにせよ、名探偵コナンにせよ、連載は続いてるし、発売毎に単行本揃えようとすると、かなーりの出費になるし、かなーりスペースが必要だし。よくみんな買うよなー。
と、我が家のKINGDOMを揃えてるダンナのことも思いますが。



まぁね、好きな漫画は、そばに揃えておきたいって気持ちもわかります。
にーもーまーも、KINGDOM大好きだしね。



KINGDOMは、相変わらず線がやたら多い、重たい絵柄だなぁ、と思うけど、キャラクターがどんどん魅力的になってきていてるなぁ、と感心します。
YOTANWA、綺麗すぎる。血飛沫さえ、彼女を避けてるね。
KAIは大丈夫なの? まぁ、大丈夫なんだろうけど…
気になるところで終わるよねぇ。



続巻は、2月中旬以降の発売になるんだとか。
とりあえず、34巻だけでも、ダンナにAmazonで買ってもらいましょうかね。





人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



ハビ、お疲れ様でした

もう10日も経っちゃったけど、

フィギュアスケートファンとして、書いておきたかったので。











去る1月の、最後の週末にかけて開催された、フィギュアスケート欧州選手権で、スペインが誇る男子シングル選手:ハビエル・フェルナンデスが、引退しました。











昨年の、ハビが銅メダルを獲得したピョンチャンオリンピック後に、既に引退はほのめかしていて、今シーズンは、グランプリ(以下GP)シリーズにも一切、出場せず、「この欧州選手権で引退する」と宣言して、臨んだ最後の大会。











太陽が大好きな明るいラテン気質のスペイン人であるハビ。

会場を沸かせるのが得意で、彼のプログラムには、自然と手拍子が湧き上がります。

中でも、スーパー『ハビ』マンのコスチュームでの、コント的なエキシビションでは、頭からバケツの水をかけられたりと、自分を落として観客を大いに笑わせてくれました。



https://www.olympicchannel.com/en/stories/news/detail/javier-fernandez-skating-retirement-european-minsk/







ハビエルの所属は、羽生くんも一緒に練習するカナダはブライアン・オーサー率いるクリケットクラブ。

クラブでもムードメーカーである一方、練習に遅刻が多かったりと、そのルーズなところもよく指摘されるところで、

「今日はユズルがいないので、僕も練習を休んで良いですか?」

と、オーサーコーチに申し出たとか出ないとか、なんて、逸話まであります。











私、個人的には、正直なところ、

「欧州選手権一本を目指すようじゃ、ハビは調整時間足りなくなって、結局、有終の美は飾れないんじゃないかな~」

と思っていました。

しかも、欧州選手権5年連続優勝していたハビには、6連覇なるか!?、というプレッシャーもあったのですから。











ところが、ところが。

蓋を開けてみれば、ショートでは、トリプルアクセルの失敗なども尾を引き、3位と出足は遅れたものの、

フリーでは挽回、見事優勝。

まぁ、昨シーズン後半の、最高の滑りではなかったものの、ほぼ予定調整通りの有終の美で、競技人生に幕を閉じました。











さすがです。

チャラ男でも、締めるところはちゃんと締めるというのが、にくいっ!













最期の演技に彼が選んだのは、

ショートが、一昨年までのプログラムの「マラゲーナ」、

フリーは、ピョンチャンでも滑った「ラ・マンチャの男」、

いずれも、スペインを代表する名曲。

最後の欧州選手権での、「ラ・マンチャの男」の演技











太陽の国スペインが生んだ氷の寵児は、

母国のプログラムで最期の錦を飾りました。











ハビに、パトちゃんに、アダム・リッポン、

真央ちゃんに、鈴木明子ちゃん、

好きな選手が、どんどん引退していってしまうのは、淋しいなぁ…













でも、みんなに、充実した第2の人生を、送ってほしい、

とも、心から思います。











この欧州選手権では、滑走後の教え子の傍らで、

コーチとして得点結果を待つ、

フランス:ブライアン・ジュベールと、

スイス:ステファン・ランビエール、

チェコ:トマシュ・ヴェルネの姿がありました。



















時代は流れているなぁ。



11年前、2008年の欧州選手権の表彰台の3人。











3人や、ハビの未来の教え子たちが、表彰台を独占する日が、いつか来たら、面白いな。

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

人生楽ありゃ苦もあるさ

なんとなんと、もういくつ寝ると、年末です。











もうなんだかな、ブログを書くのにも、よいしょっと、って掛け声かけないといけなくなってきちゃって。

習慣って、なくなると本当に、ぱったりなくなっちゃうもんなんですねぇ。











書きたいことは、ちらほらあったんだけどなぁ~。











と、言うわけで、久々のブログは、

この週末のフィギアスケートGPシリーズフランス杯と、ちょっぴり、フランスラグビーのこの秋のテストマッチの所感を。











フィギアスケートGP(=グランプリ)シリーズは、ファンの方には説明は不要でしょうが、スケートシーズン開幕直後の、10月から11月にかけて、日本を始め世界6か国で行われる、国際スケート連盟公認の試合です。

前年のGPシリーズの成績によって、その年のシリーズに、どの国がどの競技に何枠出場できるかが決まります。

6つのシリーズ選のうち、一選手は2試合出場、各競技の勝ち点順に上位者6名が、12月に開催されるGPファイナルに進めます。











この週末は、そのシリーズ最後の試合が、フランス、しかも、私の住む町から車で一時間半ぐらいの町で開催されました。

結局、観に行けなかったんだけども。













行きたかったーっ!













フランス勢は、ペアとアイスダンスで金メダルを獲得。

アイスダンスのガブリエラ・ギヨームは圧倒的な強さを見せてくれましたが、ガブリエラの怪我で、GPシリーズ初戦を棄権していたので、ファイナルには進めません。











日本勢では、女子が、紀平選手と三原選手が、ワンツーフィニッシュ!!

すばらしいっ!











特に、今季シニアGPシリーズ初参戦にして、一昨日2回目の優勝を飾った、真央ちゃんの跡を継ぐMissトリプルアクセル:紀平選手は、堂々GPファイナルの切符を手に入れました。

若干16歳!

大舞台のショートだけじゃなく、フリーでも、難なくトリプルアクセル成功させちゃうんだもの。

末恐ろしや。











一方で、下馬評を大きく外し、今試合で表彰台を逃した、ロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手。

シニアデビュー後の世界選手権二連覇の後の、先の五輪で、惜しくも優勝を逃し、銀メダルに泣いたエフゲニアちゃん。











今年5月に、羽生くんが在籍する、ブライアン・オーサー監督の主宰するカナダのスケートクラブで練習をし始めた彼女。

慣れ親しんだ故郷とコーチの元を離れ、言葉も環境も全く異なる場所での、トレーニング。

そうでなくとも、地元ロシアからは、ライバル国への移籍に、かなりの批判を浴び、まるで非国民扱い。

彼女はそういった過酷な状況も想定した上で尚、キム・ヨナや、羽生くんのように、更なる高みをどうしても目指したかったのでしょう。











そうして迎えた、満を持しての、新シーズン開幕だったはず。

なのに、これまでぶれる気配を微塵も感じさせなかったジャンプが、今季は決まりません。











初戦は3位、今試合が4位で、ファイナルへ駒を進めることはできませんでした。











「祖国に後ろ足で砂をかけといて、このザマだ」

と、ロシア内外で、非難轟々。

あんなに愛されキャラだったのに。











調子が良いときは持ち上げ、悪くなれば叩く。

フィギュアスケートだけでなく、どこの世界でもそういうところありますよね。











立ち行かなくなっていた、某大手自動車業界の救世主も、当時でこそ崇め奉られていたのが、今じゃ、容疑者ではなく、A級戦犯扱い…











フランスラグビーにしてもしかり。

3年前のワールドカップで、

「あれ、フランスラグビーって、こんな、そこそこって感じだった?」

というプレーしか見せられなかったフランスチーム。

昨年のテストマッチでは、日本相手に、点数的には引き分けたものの、試合の質的には、完全に負けてました。

今年のテストマッチでは、対南ア戦で引き分け、対アルゼンチンはどうにか勝って、そしてこの週末の対フィジー戦では完敗…











どこいったの、シャンパンラグビー!!

ぽろぽろぽろぽろ、ミス多すぎだろ~っ!!!!











と、ラグビーファンからも、たまたま試合観てたスポーツ観戦好きのフランス人からも、ブーイング。











今シーズンのテストマッチは、視聴率もガタ落ちだったらしく、

この国のラグビー業界は、来年のW杯でフランスが予選敗退で終わろうものなら、

5年後に自国で開催するW杯は、いったいどうなってしまうのだと、

今から戦々恐々です。













シャバルやヴァンサン・クラーク、ミシャラクのような、カリスマ性のあるスター選手も不在。

監督の手腕についての評判もイマイチ。













だけども。

スランプの時期こそ、応援してげなきゃ、いけなんじゃないの?

と、エフゲニアちゃんを思いながら、自戒したわけであります。

「このままじゃ、いかん」

と、選手たち自身が、痛烈に感じているはず。













来年のW杯までに立て直すには、ちと時間が足りないかもしれない。

けど、フランスアンダーU20は、今年の世界ジュニア選手権の覇者。

これから数年で、きっと、90年代後半のような、華麗かつパワフルなプレーができるような、ナショナルチームが結成できるんじゃないかなー!!

と期待しませう。











今回、GPファイナル進出ができなくなったエブゲニヤちゃんに、

「ロシアフィギアスケート界の皇帝」の異名を持つ

エブゲニー・プルシェンコ元オリンピックチャンピオンが、

こう激励を送っています。















…There are people that can support you today, but when the sportsman stumbles or makes a mistake, they destroy you! I’ve been through this and many times! I rose to my feet and was ready for a new battle! With new strength and new motivation! You’re definitely no coward! You’re a strong girl! Onwards and upwards! We believe in you and we are always by your side!

今日は君を応援してくれていた人々が、君がつまづいたり失敗すると、君を容赦なく叩く! 僕にも何度もそんな時があった! 僕はまた立ち上がり、新しい闘いに挑んだ! 新しい強さと闘志を持ってね! 君は弱虫なんかじゃない! 強い女の子だ!さあ、前を向いて、更なる高みへ! 僕はいつも君の味方だ!













素敵じゃあないですか、皇帝













皇帝も、幾度となく、怪我に見舞われ、フィギュアの政治的操作の犠牲になってきましたもんね。

でも、皇帝が常にフィギュアスケートの革新を貫いてきたから、今の男子4回転時代がある。













このGPファイナルには、エブゲニヤ選手のように、彗星のようにシニアデビューしたものの、その後スランプでオリンピックへの切符さえ得られなかったリーザが、数年ぶりに進出します。













エブゲニヤ選手も、フランスラグビーも、まだまだこれから!







続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

時代の潮目



週明けから月曜、火曜と、立て続けにショックなニュースが入って来たので、そのことを…











って言っても、たぶん、大多数の人にとっては、

「はぁっ???」

ってことなんでしょうけども。











というわけで、続きは、国の枠を超えての、スケオタとラグオタなお方だけ…













続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

スケートシーズン終了





4月ですね。春ですね。

最近、とんと、書いてなかった、フィギュアスケートネタを。











決して、興味がなくなった訳ではないのです!











GP全試合から、オリンピック、世界選手権まで、とりあえずチェックはしていましたっ!!











ダイジェストで、だけど....











男子、女子シングル、アイスダンスは、上位6組ぐらいはショート・フリー共にチェックしていた数年前と比べると、トータルの観戦時間は、かぁーなーーり、減ってしまったなぁ…











思えば、今シーズンは、冬季オリンピックだってあったというのに、一度もブログで触れなかったし!!











自分、スケオタの風上にもおけねぇ!











というわけで、シーズン終了のタイミングで、考察を...

かなり、マニアックな内容になるので、フィギュアスケートがお好きな方だけ続きをどうぞ!💦









続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
プロフィール

minette2

Author:minette2
にーとまーの5歳違いの日仏男児との日常を綴っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR