夏休み

この週末から夏休みに突入しました。

毎日、なにかと忙しくしていて、書きたいことはいっぱいあるのに更新ままならず、すいません。

やっぱり専業主婦って時間がいくらあっても足りないヮ

世の専業主婦の皆さんを、あらためて尊敬。(ってもう、何回目?)





明日からちょっくら旅行に行ってきます。

べべに初めて本物の海を見せてあげることができそうです。

今まですっぽんぽんで水浴びなどさせてましたが、張り切って水着も浮き輪も水中眼鏡も買ってやったりして… つけるのを拒否されるような予感がしていますが。





帰ってきたら、いっきに更新しようと思いますー。

皆さんも、楽しい夏休みを!

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



二重顎

何を隠そう、うちのべべ、二重顎であります。

去年の今の時期は、ちょっと顎ラインが削げて精悍(?)になっていたような気がするのですが、今年は全然お肉が落ちる兆しがありません。

そんなところまで母とバイオリズムが同じ...(ちなみに、私は二重顎ではありませんが、毎年夏になると少し落ちるはずの体重が、てんで変わりません)。





理由は恐らく、朝晩トータル500ml近く飲んでいるフォローアップミルクだと思われます。

そう、いまだにミルク飲んでるんですよ、うちの子は。

フランスには2歳からのフォローアップミルク、というのもあって、それを飲ませているのです。

私は2歳になる頃に、そろそろミルクは卒業するべきなんじゃないかしら。。。と思っていたのですが、まず偏食気味のべべ。これをやめると、どこからビタミンや繊維質を摂ればいいんだってな具合に、ほとんど炭水化物と肉、魚、脂質しか食べてくれないのであります。

でも、フォローアップミルクが飲めるから、食事を選り好みしてるのかも知れないし...





来週から、保育園はお休み。

トイレトレと、食事習慣改善月間が始まります。

ある意味、親子で試練の夏かも...。





二重顎もかわいいんだけどね。

「二重顎!」って言って、顎の下のお肉を触ると、「きゃはははは」と笑うので、なんどもつっついて今朝も遊んでました。

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

Jazzyな夜

友人と夜、オープンカフェでのジャズコンサートなどに行って来ました。

フランスは夏になると、こういう壁を取り払った空間での音楽やパフォーマンスを楽しめる場がたくさんあって、嬉しい♪





今回はピアノとコントラバス、ドラムのトリオによるモダンジャズ。

不協和音のようでいて、うねるように絡み合うように流れていくメロディは、座席指定の室内よりも、こういう夕べの風に涼みながらグラスを片手に聴く方が似合います。





続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

久々にギター

『ゆうがたクインテット』にべべが見入っていたので、いつかその音も聞かせてあげたいと思っていたギターを出してみました。





4年前のクリスマスにダンナがプレゼントしてくれたそのギターは、独学でなんとか『大きな古時計』が弾ける程度のレベルになったかならないかの頃に、べべがいるお腹が張り出てきてしまい、そのまま弾かなくなってしまっていたのでした。

練習を再開しようにも、張り詰めていた弦が一本切れてしまっていて、その張替えからまず入らなくちゃいけないんだけど。





まだ握りこぶしぐらいの大きさでしかなかった頃のべべが、ほぼ毎日聞いていたはずのその音。

なんかしらの反応はあるのかしら、と確かめてみたくなったのです。





ボローン、

弦を爪弾いてみせると、やっぱり手を伸ばしてきて、同じように爪弾きます。

だけど、切れた弦をひっぱったり、予想していたのとは次元で興味を持ったみたいで、その響きにはそれほど愛着を覚えなかった様子。すぐに、ぷいと、他所を向かれてしまいました。





やっぱり私の中途半端な情熱が、そのままお腹のべべに伝わっちゃったのかしらねー。

羊水を震わせていたはずの間違えだらけのコードは、べべをギターの音色嫌いにさせちゃったのかも

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

一番好きなのは、

今朝は小ぶりだけど色艶の良い鯖が安売りしてたので、3匹買って、塩焼きにして夕ご飯にいただきました。

べべも少しは食べるだろうしと、いつもは2匹のところを3匹買ったのですが、3匹買って正解でした。

小骨を取りとり箸で取り分けてあげていたら、あっという間に一匹分平らげてしまいました。

しまいにゃ、もったいないとばかりに、しっぽの部分を鷲づかみにして、ガリガリバリバリ食べてましたよ。





ワイルドですな~。





べべお魚好き?」

「Oui!」

「鶏肉(もうひとつのべべの好物)とお魚、どっちが好き?」

「...Poulet(鶏肉)!」

「じゃ、チキンとチョコレート(べべの大好物)では、どっちが好き?」

「chocolat(チョコレート)!」←これは、返事に迷いがありませんでした。



「じゃあ、チョコレートとお母さんでは、どっちが好き?」と、ダンナが横から変な質問!!

「...えっとー...、maman, chocolat!」

ママもチョコレートもどっちも好き、と言いたかったのかもしれません。だけど、ママのが先に登場しているので、「ありがとう」って言っておきました。





「じゃあ、チョコレートとパパでは、どっちが好き?」と、ダンナがもうひとつ質問。

「maman, papa」とべべ

お母さんとお父さん、って答えてくれました。

2歳5ヶ月にして親に気を遣ってます。優しい子です。





ありがとう、べべ

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

マロンボーイ体調不良

7月頭に愛車マロンボーイの車検を受けたときに、「ハンドルの遊びが大きいですねー」と指摘され。

「気がつきませんでした?」と訊かれて、「えぇ、多少…。」と答えつつ、どんな車にも多少ハンドルの遊びはあるので、こんなもんなのかなーと思ってました、とは言えませんでした。





確かに、エンジンをかけない状態でハンドルを軽く左右に動かしてみると簡単に45-60度ぐらいは振れちゃってんのに、タイヤは振れてない。





「このハンドルの遊び方は、安全規格の適正範囲ぎりぎりですよ」ととどめの一発。

急にマロンボーイに乗るのが怖くなってしまいました。





なんでも分業のフランス、その車検場はあくまで車検だけをしてくれるところで、メンテナンスはまた別の整備工場に頼まなくてはなりません。

懇意にしている整備工場も特になかったので、同僚のいつも利用している工場を紹介してもらい、早速勤務後の時間で予約を入れ、見てもらいに行ってきました。





「確かに、甘いみたいですねー。ちょっと試乗してみていいですか」

ハンドルのブレ具合を車の窓越しから覗いてチェックした工場長は、私を助手席に乗せ自ら試乗チェックまでしてくれました。

「こりゃ、完全にブレてますね。尋常じゃないですよ。今までよくこの状態で運転してて怖くなかったですね」

と、蛇行運転しながら工場長がコメント。

「私が運転する時は、こんな蛇行しませんよ」

このおっさん、ちょっとオーバーなんじゃないの、と思いつつ答えると、

「それは、慣れちゃったからなんでしょう。少しずつハンドルの甘さが大きくなってきたんでしょうから。でも、高速とかじゃ、さすがに振れたでしょ?」と工場長。

そういえば、今日も風が強いなー、ハンドルが取られるなー、って思ってました、最近高速に出ると





結局、マロンボーイはその整備工場に残し、翌日見積りをもらってから修理をお願いするかどうか決めることに。

翌日、整備工場に電話を入れると。

「Colonne de directionがだいぶいかれちゃってるんで、それを交換しなくちゃいけないですね」

ということ。





Colonne de direction、日本語でなんと言うのかわかりませんが、ハンドルの軸になって、タイヤの支柱と繋がってる棒みたいなものです。

見積りは工賃も含めて、ざっと300ユーロ(5万円ぐらい?)。

これって、安くはないよねぇ????





「その状態のままで乗り続けるのはイヤなんだろ? 結局キミの車なんだし。ただ、新しい車を近々買い換えるつもりとかなんだったら、話しは別だけど…」

ダンナに相談するも、いずれにしても修理するしかないだろうという回答。

ただ、見積り自体は、この類のメンテナンスでは、相場みたい。





結局、そのまま今週末はマロンボーイを工場に預け、修理してもらうことに決めましたー。

新しい車を買うという話にも、ちょこっと気持ちは揺れたのですが、フランスで運転し始めてからずっとお世話になっているマロンボーイを、こんな風に手放してしまうのはちょっと寂しいし…

それよりなにより、

こっちって、オートマ車は需要がないせいか、供給も少ないし、やたら高いのよねーっ!

これからマニュアル車を乗りこなせるように修業しなおす根性も根気も、私にはないような気がするし…





というわけで、ちゃんとマロンボーイに体調を整えていただいて、もうしばらく彼と一緒に過ごしていこうと思っています。



続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

悲しい事件

昨日の夕方から今朝にかけて、2つの家庭を巡る悲しい事件が、フランス国内のトップニュースに上げられていました。







ひとつめは、2歳半の男の子が、炎天下に停められた車の中で熱中症で死んでしまったという事件。





もうひとつは、2歳と7歳の女の子を道連れに、父親が自殺を図ったという事件。









ひとつめの事件は恐らく本意ではなかったのでしょうが、やはり父親の『過失による』我が子の殺人となります。

昨日の日中、街の中心に車を停めた父親は、その後部座席に自分の息子がいることを忘れ車を放置し、午後5時過ぎに、横を通り過ぎようとした通行人が、ぐったりとした子供が後部座席にひとり残されているのをたまたま発見。その後すぐ駆けつけた救助隊が車の窓を壊し、既に意識不明になっていた子供を救出しましたが、その夜男の子は、そのまま意識が戻らないまま亡くなりました。

父親は薬剤師、母親は音楽教師。亡くなった男の子はふたりにとっては一粒種の子供で、現在両親共にショック状態で、詳しい事情聴取はまだできていない状態ということです。









もうひとつの方は、ちょっと複雑な家庭で起こった事件。

2年前に離婚した---もともと結婚はしていないカップルだったので、正確には「別居した」---両親の間を、行き来していた子供たち。普段は母親と3人で生活していたのですが、学校が夏休みに入ったこの7月から父親と一緒に過ごしていました。

と、ここまでは、フランスではよく聞くシチュエーションです。

しかし、昨日。

仕事から戻った母親が自宅で見つけたものは、元夫宅で過ごしていたはずの2人の子供たちと、元夫が、それぞれ別の部屋で首をつって死んでいる姿。

元夫が、自分が留守の間に、子供を連れて家に押し入り、無理心中を図ったのです。









絶句です。









一つ目の事件は、不幸な事故、とも言えるかもしれません。



でも。

私もかなりの忘れん坊ですが、



どんな理由があろうとも、子供を、車の中に、数時間も、忘れられる?



その日、2歳半の男の子が車に置き去りにされたその町は日中25度。しかし、炎天下に停められた閉め切られた車内は45度にはなっていたであろう、ということ。

日本でもよく、子供を連れてパチンコに出かけた親が、車内に子供を置いてパチンコに興じている間に子供が熱中症で死んでしまった、なんてニュースを耳にしたことがありましたが、自分が親になってからこういうニュースを知ると、本当に胸が苦しくなってきて、息がつまります。

頭で理解するのと、気持ちで理解するのでは、同じ情報でもまったく重さが異なってしまうのだということを、あらためて実感。





ふたつめの事件に至っては、もう怒りの念しかこみ上げては来ず。



別れた妻に復讐をしたかったのかもしれない。



でも、子供の命を、しかも自分の子供の命を、何だと思ってるの?

なんで、子供を道連れにしなくちゃいけないの?

子供は親の付属品じゃないよ。

死ぬならひとりで死ねばいいのに!!



とても、考えられません。

別れたパートナーをどんなに憎んでいたとして、自分の子供を手にかけるなんて!







いずれも、仕事もろくにつかずに勢い子供ができてしまったような若い父親ではなく、30代後半の立派な社会人であったはずの親によるこのふたつの事件。

自分と夫の年齢、そして子供の年齢をもかぶってしまっていたことで、他の多くのニュースと同じように聞き流すことができなかったのかもしれません。







せめて、命を奪われてしまった子供たちが、この次には幸せな環境のもとに生まれ変わり、元気に生きていけることを祈りつつ…

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ちょいとケンカ

久しぶりにダンナとケンカをしました。

ケンカと言っても、私は感情的になっているときにまともに口論できるほどのフランス語はあいにく持ち合わせていないので、上手く言い返せなくて、言い返しても暖簾に腕押しの全然的を得てない言葉になっちゃってダンナにも無視されて、結局そのままなにも言えなくなっちゃって、沈黙。(そもそも日本語でも口論って苦手だし)

そんなケンカ。





いつもはそれで無言の冷戦を1、2時間もしている間に、「まぁ、向こうの言ってることも、一理あるかもな」とか「こんなことでいつまでも腹立ててんのも、馬鹿らしいよな」とか思い始めて、どちらからともなく、普通に話をし始めて、ケンカがフェイドアウトしていっちゃうっていうことがほとんどなのですが、昨夜のケンカは就寝直前だったせいか、寝つきも悪く、ココロの消化不良を起こして、朝になっても私はダンナには優しい気持ちになれませんでした。

で、向こうの「おはよう」にも「おはよ」というつっけんどんな一言。

「じゃ、そろそろ行ってくるから」にも「あ、そう」のつっけんどんな一言。





「勝手にしろ!」とダンナも捨て台詞を吐いて家を出て行きましたとさ。





どうしようかな。

今日帰ったら、いつもどおり普通に会話してみようかな。

冷静になって思い返してみると、なんでケンカになっちゃったのか、わかんないようなネタだしな…



続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

から!

わかりました。

最近のべべの口癖である、「えっとー」やら「オッケー!」やら「できたー!」やらがどこから来たのか。





私にはそんな口癖はないので、日本のアニメかなんかからのはず、というところまではわかってたんですが。





N○K教育の『からだであそぼ』のようです。

「えっとー」は、あかりちゃんが、何か質問されて答えに窮したときによくする台詞で、「オッケー!」と「できたー!」は、ケインを始めとしてみんなちょこちょこ発しています。

そもそも、ここ1ヶ月ぐらい、べべはこの『からだであそぼ』にはまってて、『いないいないばぁっ!』でもなく、『おかあさんといっしょ』でもなく、「から! から!」と言って、この番組だけ見たがるのです。





あのですね、わんぱーくはわんぱーくとして、1時間ぐらいは続けて見ていただかないと。

んな、いちいちDVDを先送りしてわずか10分の『からだであそぼ』だけ見せては、また別のDVDで『からだであそぼ』だけ抜粋して…って面倒見てやるほど、おとうさんもおかあさんも暇じゃないのよ。





ちなみに、べべが最近よく口ずさんでる「おもちゃのちゃちゃちゃ」も、この番組の「たのもう!」というコーナーで使われていた(2007年の秋頃)曲でありました。

タップダンスは踊らないけどね。





ちなみに、私もこの番組大好きです。

ケインも楽しそうだし、子供たちも一生懸命だし。

松岡修三さんのコーナーも、微笑ましいし。

そして、『歌舞伎なりきりわざくらべ』。どちらかと言えば、かぶかんの頃の方が好きだったけど…





スポーツっていうのは基本は、「競う」ものではなくて、「楽しむ=Playする」ものなんだョ、っていうのを、よく教えてくれている番組だと思います。

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

2才4ヵ月半 覚書

最近すっかり成長記録というものを書かなくなっていて、どんな風に成長したんだっけ、とあえて思い返すこともなくなり…

久しぶりに書き留めておこうと思います。









続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
プロフィール

minette2

Author:minette2
にーとまーの5歳違いの日仏男児との日常を綴っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR