ピースとジャンプ

最近、上手にピースができるようになって、ピースサインばっかり出しているべべであります。

それが『ピース平和』を示すサインだっていうことは教えていないので、本人的には「2」の意味で出していると思いますが。





母: 「『何歳?』ってヒトに訊かれたら、『にー』って答えながらそうするんだよ、はい『何歳?』」

べべ: 「にーっ!」(←ピースしながら)





うまく刷り込めるといいのですが。





そんなべべ

高いところに上るのが好き、っていう話は前に書きましたが、最近は高いところによじ登った後に、そこから飛び降りるのに凝っていて。

これは私はあまりやらせたくなかったんだけど、ダンナが、「結構慎重に着地してるから、大丈夫だよ」とやらせる派、気がついたら飛び降りマニアの2歳児半になってました。





昨日も、自分の身長の倍以上ある高さのロープにぶら下がって、飛び降りるのを繰り返していたのですが、

とうとう、昨日着地に失敗してしまいました。

水遊びをしたあとだったからちょっと疲れていたんだろうけど、飛び降りた足もとがふらついて軽くあごを地面に打ち、その拍子に口の中を少し切って、号泣。

切った傷はたいしたことないようだったから良かったようなものの、いつか怪我すると思ってたんだよねぇ。

「まず足から落ちて、足で支えきれなかったら、両手をつくんだよ。頭から落ちちゃ駄目! わかった?」

ウイウイと答えながら私の腕の中でしばし泣いていたべべですが、しばらくするとまたロープを上りたがり…

全然トラウマになってないようで 

それはそれで、頼もしいのですが。男の子だしね





斯く言う私も、小さい頃、高いところから飛び降りるの、大好きだったんだよねぇ。

どれだけ高いところから飛び降りれるかって、そのうち自分で限界に挑戦しはじめて。

で、ある日、飛び降りたときにしりもちを打って、下から突き出ていた雑木が太ももにつきささった上に、その欠片が太ももに残っていてその後傷が赤く膿んできて…なんて怖い思いをしてから飛び降りをやめた、という思い出があります。母が化膿していた太ももからピンセットで上手に欠片を取り出してくれたのですが、ううう、思い出すだけで太ももに痛みが走ります





べべも、うんと痛いか怖い思いをするまでは、やめないのかもしれないなぁ。これは、やっぱり血筋か。

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



アキタツ

秋きぬと 目にはさやかに見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる





昔のヒトはうまく詠んだものです。

日本を離れていても、四季がある国に暮らすことができて良かったなぁ、と思うことが、たまにあります。

365日というときが四つの角を曲がりながら一巡してくれることで、曲がり角に差し掛かる度に少し立ち止まって時間を振り返ることができるから。

(なんて余裕もなく、気が付いたら2、3シーズンぐらい駆け抜けてた、ってこともあるけれども…)





去年に引き続き比較的涼しかったフランス2008年の夏ですが、出し惜しんでいた陽気を使い切りたいかのような良い天気が一昨日あたりから続いております。

それでも、6月末には夜10時近くまで沈まなかった日は8時には暮れるようになり、陽射しもノースリーブの肩を飴色に焦がすほどの熱はもう帯びていません。店頭に積んであるメロンや桃に手を出しても、もうシーズンオフの甘味しか残っておらず、そろそろきのこがお目見えするようになってきて…

否が応でも秋の到来をすぐそこに感じないわけには行きません。





しかし、今年の我が家には、『インディアンサマーバケーション』が待っているので、願わくば9月は残暑と好天に恵まれて欲しいのですが…!





8月も残すところあと4日。

2008年も残すところあと4ヶ月と4日。





続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

フランスの家族手当

日本のYahooのニュースにも取り上げられてましたが、



『アンジー&ブラピ8人家族に、仏政府が育児手当を給付!』



というニュース。



マスコミが憶測で勝手にそう書いてるんじゃないかって気もしますが、ちょっと唖然。

フランス国内でも、物議をかもしております。

だって、庶民の目から見たら、額が半端じゃないですよ。

月1750ユーロ、日本円に換算して、30万円弱です。

子供一人当たりおよそ730ユーロっつう計算だそう。





ちょっと待ってよ。

確かにフランスでは、子供ができると家族助成公庫Caisse Allocations Familialesから、育児手当が支給されますが、これをもらうためには、きちんと手続を踏んだ上(正規の長期滞在用のビザを取ってからフランスに入国して、滞在許可証を得て...)でフランスに定住していることが条件(難民や亡命者なんかには、特例があるんだろうけど)だし、その手当て額も家庭の収入や子供の年齢や数に基づいて計算されるので、収入明細(納税証明)の提出が求められます。つまり、しかるべき書類を揃えて、助成金を受ける申請手続きをしなくてはいけないということです。

確かに、子沢山になればなるほど、助成の割合も高くなるんだけどさ、

どういう計算したら、ひとり730ユーロになるの???

ちなみに、この家族手当、子供2人から本格的にもらえるので、うちの場合は上の額の3割もいただいてません。





そもそもさ、この方たち、何のビザでフランスに入って来てんの?

ビザを取るには入国・滞在目的を定かにしなくちゃ、申請もできないと思うんだけど。

一般人が、「しばらくフランスで暮らしたいから、ビザ下さい♪」ってフランス大使館にかけあっても、まず相手にされないよ。





でもって、運良くビザが下りても、フランスに入国してから滞在許可証がおりるまでって、フランスって2,3ヶ月はかかっちゃう国なんだよ。

やっぱPeople(フランス語で、『セレブ』の意味)には国もお役所も対応が違うのか?





もちろん、税金もたくさん払ってくれてるんだろうけどねぇ。







続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

保育園再開

今日から保育園が再開しました。

4週間の夏休みを経ての、登園… 





「やだやだ、おとうさんとおかあさんと離れたくないョ~





とばかりにぐずるかなぁ、なんてちょこっとだけ心配したりしましたが、



ぜ~んぜんっ、そんな必要ありませんでした。





もう、嬉しくって仕方なかったみたいで、家に帰ってきてからも、なにやらフランス語と日本語と訳のわからない国の言葉を交えて、早口で一生懸命保育園でしてきたことを話してくれました。

なんか、すっかり親の手を離れているんだねぇ…

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ガソリン代、高っ!

昼休みを利用して、郊外にあるガソリンスタンドまで車の給油に行ったら、1リットル当たり1.41ユーロ(日本円に換算して、リッターあたり235円ですっ!!!!)。





...高すぎるっ!!





久しぶりに自分のクレジットカードを使って給油したのですが、ガソリン代高騰に関して全然自覚がなかった私、ぶっとびました。

これほどまでは...

これでも、一時期よりちょっと値下げされたんだって。

もう、車って、本当に贅沢品になっちゃったなぁ。





続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ゴシップ誌にて某有名双子ちゃんを拝む

同僚から回ってきた某ハリウッド有名カップルが表紙の某ゴシップ誌にて、生まれたばかりの超有名双子ちゃんを拝みました。





双子ちゃんもかわいかったけど(まあ、生まれたての赤ちゃんは、みんなこのくらいかわいい)、2歳になったふたりの最初の実子シャイロちゃんが、とぉ~っってもかわいいっ!!

ブロンドヘアにブルーアイズ、絶対超美人になること間違いなしっ!

あと10年もしないうちに、ハリウッドデビューするようになるんじゃないかしら。

やっぱりこの両親の血を受け継いでるよねぇ~。





6人の子持ち、しかも一応共働き…すごすぎるっ

一応、子供と親との空白の時間ができないように、片方が仕事してるときは、もう片方は仕事はOFFにしておくんですって。ハリウッドはもう、Mr and Mrs Smithの続編は撮れないってことですね。





ちょうどこの2人がつきあっていることが公になってきた時期に、「アンジーは自分の遺伝子を受け継いだ子が欲しくないのかなぁ」なんて思ったりしたけれど、今では彼女は養子と同じ数だけの自分の遺伝子を育む実子を抱える肝っ玉母さん。

恐れ入谷の鬼子母神です。





現在この超有名8人家族が住む南仏の片田舎のお城には、住み込みの数人のベビーシッター兼お手伝いさんと、ブラットピットのご両親が来ているそうですが、その田舎町でジョリーピット夫婦を見かけたヒトは、皆無に近いんだそうな。そりゃ、お城に住んでいれば、育ち盛りの子供が6人いても、十分遊ばせられるもんねぇ。





なんでも、ブラットピットのご祖父母の代に双子がいて、お姉さん(妹さん?)も双子のママということ。この双子ちゃんはブラットピットの方の家系の血を受け継いだのですね。

私の友人で去年の暮れ双子ちゃんを産んだ彼女も、一人っ子のだんなさまのおばあちゃんが双子なんだとか。やっぱり2歳になる長男を抱えて、てんてこ舞いの毎日を過ごしているようです。遠くに住む自分の母親にはヘルプを頼めないし、さすがに数人のベビーシッターを雇いながらお城に暮らすわけにはいかないものね。





アンジーは、もう少し双子ちゃんが大きくなったら、人道活動をメインに仕事を再開したいって結んでました。

できれば子供も連れて行きたいのでー、と。

いくら平和活動とはいえ、政治的にも治安的にも安定していない地域に子連れで乗り込んでいくというのは、ものすごぉくリスキーでお金がかかることだよねぇ。足を伸ばすその地その地で子供たちの絶対的な安全を確保できる環境を用意しなくてはならないことはもちろん、住み込みのベビーシッター兼お手伝いさん、常駐のボディーガードが何人も必要になるもんね。

そして、三女のザハラちゃんがもう少し大きくなったら、彼女の生まれた国エチオピアにジョリーピット財団が設立予定のエイズと伝染病の専門病院を管理させたい、とも言ってました。 

子供の意思ができる前から、もう将来の指針も考えてあげてるんだなぁ… それはそれで、とても素晴らしいことだと思うけれど。

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

2歳半

今日でべべも二歳半

あと半年で3歳... 時間の経つのって、本当に早いっ!



自分も子供を産んでから2年半も年食ったってことになるんだよね。

独り身だったら、去年も今年も三十路後半、気分は20代後半ぐらいからかわんないわっ!

って意気込んで、自分も子供たちも同じ速さで年を取っていっているっていう現実を直視しないようにしてたんあろうなぁ。





さて、キリがいいので、べべの成長記録でもまとめてみようかと…。





続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ママ、あやうし

ここ最近、「Papa?」なんです、 べべ

一日の始まりから、就寝時まで。





朝、べべの第一声を聞きつけ、「おはよう~」って部屋に迎えにいくと、

「パパ?」と訊くべべ

「パパ? もう仕事に行っちゃったんだよ~」とか答えても、とりあえず「パパ? パパ?」とか言いながら家中の部屋を覗いてはパパを探します。





パパが帰って来た途端に、完全にママは無視。

あぁ、ママ、まだ隣りに居たんだ、ゆっくり夕飯のしたくでもしてきたら?

って感じ。





更にこの2週間は、平日の日中はほとんどパパと2人きりで生活してきたもんだから、会話もほとんどフランス語になっちゃってるし。

家をでる時も、笑顔で「Au revoir!(ばいばーい)」とか手を振られちゃうし。





どうしましょ。

ママの存在がどんどん薄れてきちゃっているわ。

ママ、あやうしであります



続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

動物づいていたこの夏

申し訳程度に南仏に行ったり、おばあちゃんのおうちから山間部に遊びに行ったりと、それなりに充実していた夏でしたが、思い返すとやたら登場していたのが、動物たち





この夏べべが遭遇した動物たちを少しご紹介。





続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

マルシェ

7月末の夏休みの間に、べべを連れて何度か足を運んだマルシェ(市場)。

月曜日を除く毎日、大通りの歩道に数kmに渡って露店が並ぶこの朝市は、この町で一番好きなマルシェ。

べべが生まれるまでの4年間、このマルシェが立つ大通りまで徒歩0分の小さいアパートに住んでいたから、余計に思い入れも深いのですが、今の自宅からはバスを乗り継いで30分(車なら10分だけど…)はかかってしまうので、すっかり縁遠くなってしまいました。





特に、火曜日の楽しさは格別です。

普段は食料品の露店だけが1列にずら~っと並んでいるのが、火曜日だけはそれに競い合うように正面の歩道にも生活雑貨の露店が並ぶのです。

露店と言えども、その出店はバラエティに富んでおり、衣類から靴、リネン類、日用品、キッチンウエア、工芸品、家具、玩具、アクセサリー、化粧品…ETC。値段ももちろん魅力的

何も買わずとも、冷やかして歩いているだけで十分楽しいのですが、日本では100円ショップフリークの私、火曜日のここのマルシェで何も買わずに帰ってきたことはありません。





今回ゲットしたものを一部紹介すると、



ガラス製のペンダント(5ユーロ)と(恐らく)プラスチックの指輪(3ユーロ)





水鉄砲(1.5ユーロ)とビーチボール(1ユーロ)




鉄琴(4ユーロ)と笛(3ユーロ)



他にも、べべ用海水パンツ(3ユーロ)、大判ビーチタオル(3枚10ユーロ)ほか、バギーが買い物袋の重さで倒れそうになるほどたくさんの雑貨を買ってしまいました。





山ほど買い物をして気が付けば、時計の針は正午を回ってしまっていました。

食料品の市場でパンとハム、果物や飲み物を買って、近所の公園でピクニック。

いつものべべのお昼寝タイムをとっくに過ぎてしまうほど、帰宅時間が遅くなってしまいましたが(その夜パパにちょっと怒られましたが)、充実した朝のおでかけだったなぁ~。

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
プロフィール

minette2

Author:minette2
にーとまーの5歳違いの日仏男児との日常を綴っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR