ジャッドーっ 【前半】

私、根っからの貧乏性で、試供品フリークでもあります。

そんな私の性向を知って、いろんなヒトが試供品をくれるのですが、この前義母が遊びに来たときに、どっさりとコスメの試供品を持ってきてくれました。





「あ、リキッドファンデの試供品がたくさん ラッキー ちょうど持ってたファンデが切れるとこだったのよねぇ

と、意気揚揚と使い始めた、試供品リキッドファンデ。

ディオー○、エ▲ティーロー▽、シャ◆ル、クリ◇ーク…etc

決して自分で買うことはなかった有名ブランドのファンデばかり。





これが、素晴らしい。

試供品と言えどもブランド品の高級品

今まで自分が使っていた安物のファンデとはやはり、伸びが違う、発色が違う、キープ力が違う

しかも、ごく少量でもかなり伸びるから、1mlぐらいの試供品の袋で3日ぐらい使えます。





友人からも、「ファンデ変えた? 色が前より肌にあってるんじゃない?」と言われたりして。

皆さん、試供品、あなどれませんよ!!

自分じゃ敬遠して手を出さないような色とかにも挑戦できるし!





そして、試供品もネタが尽きてきた頃に、私、決めました。

ブランド物のファンデを購入することに!





というわけで、もうずいぶんご無沙汰していた、フランスのコスメ専門店チェーンSEPHORAセフォラを訪れたのでありました。

ひょっとすると、自分のためにこの店に足を運んだのは、これが初めてかも。

SEPHORAは、雰囲気的には日本のデパートの化粧品売り場をもう少しカジュアルでコンパクトにしたようなところ。

日本のデパートの化粧品売り場と同じように、試供品に手を出すと、すかさず販売員に甘い声をかけられます。

素人と思われないように、なるべく颯爽と歩いてるつもりでしたが、「店のヒトに声をかけられたらどうしよう」と、内心びびりまくりでした。

「目的のファンデをゲットしたらさっさと立ち去ろう」と思っていたのですが…





この続き、まだ長くなりそうなので明日書くことにしまーす。

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



サ~マ、タ~イム♪

本日からサマータイムとなりました。

朝9時に起きたつもりが、もう10時っていう変化。





やっぱり、リズム狂っちゃうよね。

もうサマータイム・インも8年目になるけれど…

「なんか、感覚狂うよな!」とぼやくダンナ。

あーた、何年フランス人やってるんですか?





べべは、生まれたときからサマータイムとウインタータイムがある世界にいるせいか、今夜の就寝時間も9時半(ウインタータイムなら10時半)で全然影響なかったみたい。





夕方7時過ぎても尚明るいというのは、なんとなく嬉しくはあるのですが、夕食の時間がどうしても後ろ倒しになっちゃうんだよねぇ。

これで、広くて見晴らしの良いテラスでもあれば、そこで夕涼みしながらディナーを頂くとか、ムーディなこともできるんでしょうけれど。





明日の朝は、辛いかなぁ。

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

日本語の補習校

地域の日本人子女のための日本語の補習校というのが、この町にもございまして。

そろそろそういうのにも行かせたほうがいいのかなぁ~、と思っていた矢先に、その学校の学習発表会&懇親会というのがこの土曜日に開催されると聞き、見学してきましたーっ!

(この語尾の「ーっ!」というのが、私の気合の度合いです。)

「今日は、日本語の学校を見に行くんだよ」と朝から言い聞かせていたこともあり、べべも「Ecoleエコール(学校)、Ecoleエコール(学校)!」と期待していた様子。





会場は、本当の地元の小学校の講堂。

入り口や廊下の所々に日本語での案内があって、「さすが日本語の補習校! まめ!!」と感心するばかり。

舞台の前にはちゃんと小学校っぽい木とパイプの椅子が整然と並べられて、正面には日本語の横断幕で飾りつけもしてありました。

学習発表会、続いて、懇親会、というプログラム。

上は中学1年生、下は幼稚園と年齢層がかなりひろい日本人子女(大部分は日仏子)が、日頃の日本語の勉強の成果を発表してくれました。





小学校も中学年を過ぎるとみんなずいぶん日本語が上手なんだよねぇ。

これ、上手な子だけ残っていった(下手な子は学校をやめていった)んじゃないか?って感じに、年齢層が高くなるにつれ、子供の数も減っておりました。

(懇親会のときに、顔はバリバリ洋風な小学校高学年ぐらいの女の子と話す機会があったんだけど、何も考えずにフランス語で話し掛けてたら、「日本語でいいですよー♪」って言われちゃった。「あ、ごめんなさい」って言ったら、「別にいいですよ、うふふ」って。めちゃめちゃ普通の日本の女の子との会話じゃん!!!)





学習発表会は上の子達から始まって1時間ぐらいに及んだでしょうか。

べべはというと、全然興味なしっ!

最後の幼稚園部の『あんぱんまん体操』だけ、目をキラキラさせて見ていました。

そりゃそうだよね。

3歳になったばっかりだっつーのに、中学1年生の四字熟語の発表なんて、興味持って見てたら怖いよね。

じっと席に着いているなんて訳はなく、近くにいたやっぱり3歳になったばかりのちょっと知ってるお友達と一緒に、立ったり座ったり、つついたり、牽制しあったり。

お昼寝時間にもちょうどあたっちゃったから、興奮して少しやんちゃ度が増してたけど、馬鹿騒ぎもせず、比較的いい子にしていたと思います。





学習発表会の後、補習校の父兄(ってかお母さんたちね)が用意してくれたお料理が振舞われる中、懇親会へ突入。

おもちとかも用意されてて、感激

お母さんたち、学習発表会が行われている間に、会場の裏でおもちを作っていたようでした。

そうだよね、おもちはつきたてじゃないと固くなっちゃうもんね。

すごいわぁ。

さすが日本のお母さんね





と感心しながら、少し遅れて、「これ、べべを補習校に通わせるようになったら、私は作る&振舞う方になるんだよなぁ」と、気が付いてしまって愕然

ま、ま、ま、まいっか。

年に1回でしょうからね、こんな機会は





懇親会も終盤になると、舞台の前のパイプ椅子も取り払われ始め、会場は小さい子供たちの独壇場に。



だーーーっ



と、みんなただひたすら走り回ってました。

べべもしっかり走ってましたよー。

保育園一の俊足ですからねぇ。大きい子に負けずに走ってました。

雨の土曜日でしたが、かなりカロリー消費できたと思います。





ダンナもほかの日仏子の先輩パパ(ほとんどはフランス人)と話が出来て(って言うか、「こんなに日仏子がいたんだ」とあらためて知ることができて)、日本人の血を引く子供のパパの自覚が、ますますできたようで(?)ありました。

そして、私自身にとっても、面識のなかった先輩ご父兄からも補習校についていろいろ聞くことが出来たし、ちょうど幼稚園年少部を担当している先生ともお話できる、とても貴重な機会となりました。

この年少部を担当している先生は日本でも幼稚園の先生をされていたという方で、すごく感じの良い方。

なにが魅力的かって、話す言葉がとても歯切れ良く声色もクリスタルで、アナウンサーみたい

自分の滑舌が良くないだけに、こういう方にこそ息子に日本語を教えていただきたいっ!

子供たちからも好かれているようだし、先輩ママたちにもとても評判がいいので、この4月から体験入学させて、そのまま通わせよっかなー!!と思ったら…





「来週は既に体験入学されるお子さんがひとりいらっしゃるので、ご遠慮いただいて。その後は2週間春休みでお休みですので、4月最後の土曜日以降でしたらいらっしゃっていただいて結構ですよ」というお返事。

うぅぅ。

今の気合のまま、入学させちゃいたかったんだけどなぁ。

この気合、4週間も持続してくれるかしらん…





帰りの車の中で、

「どうだった、学校。楽しかったか?」とダンナがべべに訊くと、

「Oui!!」と、大きな声で返事していました。

多分、最後にみんなで走り回っていたのをイメージして答えてるんでしょうけれども。

あれが学校と思われても困るんだよねぇ。

ま、いっか!





続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

日本からの漂着物

今週は小包ARRIVALウィークでありました。





木曜日は『べべの日本語インプット大作戦DVD26本』がSAL便で。

翌日金曜日には、べべの誕生日のプレゼント用に買った玩具と母がプラスした知育玩具の小(大)包が船便にて、2ヶ月かけて漂着(!?)



































まずは無事に着いてなによりであります。

日本のばっちゃん、ありがとう!!





DVD26本は、ヤフクにて落札。

すべて新品で、実家までの送料込みで2500円弱でありました。

内容は、動物図鑑が14本、日本と世界の童話が6本、その他6本。

日本に住んでたら、ぜ~っったい購入してなかったと思いますが、なんてったって、日本語に飢えているこの環境。今家にある日本語のDVDは既に飽きてきているしね。それに、メインの動物図鑑は、動物博士の琴線に必ずや触れるはず!





一方、船便で届いた玩具類。

「プレゼント」と聞くだけで、とりあえず箱をこじ開けるところから夢中になるべべですが、早速タングラムに興じていました。

やっぱりねぇ。最近の子は目が利くねぇ。

この船便の荷物の中で新品はこのタングラムのみ、他の玩具は全部母が学習塾の先生をしていた時代に使っていたお下がりだもの。

やっぱり新品のが目を引くのね。





で、結果。

DVDはまぁ、このお値段だからこの画質・この構成でも仕方ないかなぁ、という第一印象。

動物の説明は結構詳細で、例えば『トラは1週間に一回だけ獲物を捕らえて、1週間かけて食べる、という無駄のない狩りをしている』など、私自身学べることが結構あります。

べべは案の定、食いつくように見ています。

途中にクイズコーナーというのが何度かでてくるのですが、簡単なクイズにはちゃんと答えてます。

フランス語で(T-T)

ま、いっか。だいたい聞き取れているということだから。





玩具は、今のところ居間に開けたばかりの状態のダンボール箱にそのまま入れている状態(片付ける場所がないって噂も…)なので、朝目が覚めるとまず居間に駆けて行って、好きな玩具を箱から取り出して遊んでおります。

ひらがな積み木とかもあるんですが、絵の方を見てフランス語で名前を言ってどんどこ並べていってるだけー(T-T) 

もちろん、横から私が日本語で名前を発音してひらがなを見せてやってますけどねー、ほとんど無視されてますー(T-T)

地道な努力を続けますぅ~





続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

HAMTARO

今朝は、べべがいつもより早く起きてしまった為、自分の身支度を整えている間、初めて朝のTV番組を見せてやりました。

朝の7時から9時ぐらいまでは、フランスでは3分の1ぐらいのTV局が子供向けアニメを放映しています。

ちょうどこれぐらいの時間帯に日本ではNK教育がパークと称して幼児向け番組を流し続けているのと同じ法則ですね。

朝忙しいおかあさんのために子守をしてくれる番組であります。





ちょうど仕度が済んだぐらいのタイミングで、「ハムタロ!」と連呼する歌がテレビから聞こえてきました。

そうです、ハム太郎です!

フランスでも放映されていることは聞いていましたが、実際見たのは初めて。





日本のアニメはフランスにも数多く輸入されているのですが、主人公の名前はフランス風に変えられていることがほとんどです。例えば、キャプテン翼は「オリーブトム」だし、めぞん一刻の響子さんは「Juliette」だし。

でも、ハム太郎は「HAMTAROハムタロ」、ほぼそのままの名前。

なんとなく嬉しいですね、そういうの。





今日のお話は、雛祭りがテーマになってました。

なんとなく季節的にタイムリーなお話で、感心。

(フランスは輸入アニメ、輸入ドラマを平日毎日放映してるので、季節感とかが全然合わないエピソードが多いのです。ちょうど、日本の夕方のドラマやアニメの再放送のようなのを、ゴールデンタイムでやっている感じ)

ハム太郎軍団の他にアヒルの親子とかも登場して、動物博士べべのハートをがっちり掴んだ模様。

最後はハム太郎軍団みんなで、雛祭りのお人形さんたちの扮装をして歌って踊ってましたが、フランスでその意味をわかる人がどれだけいるのでしょうか... もちろん、べべにも意味はわからなかったでしょうけれど。





ハム太郎が終わるまでテレビを消せなかったから(べべが「bientot fini! もうすぐ終わり!」とか言って私を制していたから)、遅刻ぎりぎりになっちゃったよ。





オリジナルのハム太郎も見せてあげたいなぁ。

(私もちゃんと見たことないけど。)





続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

どうでもいいことなんですが

2年前に超派手婚をした芸能人カップルが離婚しましたね。

ああ、やっぱりね、って感じなんですけど、Yahoのトップニュースで連日、「離婚しそう!」「離婚届出された!」「離婚会見」って経過をぐだぐだと説明するべきことなんでしょうか?

一発、「離婚しました!」バーン、でいいじゃん。





しかも、離婚届は不惑が近い妻の親が役所に提出とな。

離婚記者会見は、夫のみ。

妻は海外ロケ中だから、という理由で。





離婚届って、本人の届出じゃなくても受理されるんですねー。初めて知りました。

婚姻届も、代理提出でいいのかな? 

それとも第2親等までOKとか、決まりがあるのかな?





ってかさ、恥ずかしくないのか、親に出してもらって。

自分の人生でしょ?

まぁ、彼女の親はそもそも結婚に反対だったんでしょうね。

「ハイハイ、あんたは未練があるから踏み切れないんでしょ、ちゃんとママが出しといてあげるわよ」なんて言っちゃって。

じゃなかったら、「そんなけじめは、ちゃんと自分でつけなさい」って言うよね、子供に。

15や20のガキじゃないんだから。





ダンナの方は自分の責任で彼女は悪くないって言い切ってるけどさ、なんか、「シナリオ」どおりって臭いぷんぷん。

「浮気は男の甲斐性だからな。それよか、自分の非をちゃんと認めて潔いよ」とかいう言葉で片付けられちゃうもんね、男の芸人さんだったらさ。





ま、どうでもいい話題だけど、最後の最後だけ主役にされてしまったダンナさんが、なんとなく気の毒な感じがしました。



続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

「ご臨終です」と言われ

お気に入りのブーツのファースナーが壊れてしまいました。

足首あたりの部位のファースナーが数ミリ噛みあわせがおかしくなってしまい、それより上にファースナーがあがらなくなってしまったのです。

が~ん!!





「こんな修理もやってもらえるのかなぁ?」と駄目もとでいつも行ってる靴修理屋にネタを持ってってみると...





「ファースナーね。ふぅ~ん...(件のブーツを嘗め回すように見ながら) 完全にいかれちゃってるね、ファースナーを取り替えるしかない。このブーツより高い値段がかかりますよ。修理代38ユーロ。ファースナー部分修理は長さ1cmあたり1ユーロだから」





さ、さ、さんじゅぅはちゆぅろぉ~!?





「ついでに言うなら、かかとももう駄目になってきてるし、靴底もいい加減擦り減っちゃってるし、もう、お勤めご苦労様ってところですね、このブーツ」

と靴修理屋のおっちゃん。





ブーツがもう駄目になっちゃったっていうことはもちろんショックだったんですが、それよりもショックだったのは、おっちゃんの「ブーツより高い値段」という台詞。

だって、このブーツはねぇ、□急■横店のバーゲンで2万円弱したんですよぉ~っ、おっちゃん!!





って、もう10年以上前になりますけれども...





元はとったよね、確実に。

でもね、履き心地が良くてね、お気に入りでね、だけど起毛だから雨や雪の日、もしくは雲行きが怪しい朝は避けて、大事に大事に小出しに履いてきたんですよぉ~





それを38ユーロより価値がない、ですか?

完全にいかれちゃってるね、ですか?

お勤めご苦労様ってところ、ですか?



もっと慈しみ深いお別れの言葉はないんですか~っ!?





10年以上頑張ってきてくれたブーツに敬意を表して、ブログに載せてあげることにしました。

くだらない日記に付き合っていただきまして、ありがとうございました。



続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

今年も春満開

近所のサクラ公園(←私が勝手に命名)の八重桜が、今年は例年より1週間ぐらい早く満開になりました。

3月に入ってから、暖かい日が続いていたもんなぁ~。

春だなぁ、もう

毎年思うのですが、この公園をこの時期貸しきって御座などしいて花見をしたらどんなにか楽しいだろう…、そんなことしたら近所の子供たち&親たちから大ひんしゅく買うでしょうけどね。

















続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ホームシネマ

テレビがなかった我が家にホームシネマが来ました

正確には、ビデオプロジェクターを購入しました。







今まで19インチのパソコンのモニターで観ていたDVDや映画が、アタクシが真っ白く塗りなおした壁に投射される大画面で見れるようになったのであります。

これは、もう、かなり画期的な変化であります

とりあえずまずは『アイスエイジ』を大画面で見てみたのですが、マニーやシド、ディエゴの毛並みの一本一本がこんなに美しく描かれていたなんて!!!!

19インチの画面では見落としていることが、こんなにもあったのかと、感動感激雨霰。

もちろん、べべも大喜び。

もうパソコンのモニターでは映画は見られませぬなぁ。







結構ビックリしたのが、日中でもシェードを少し下ろした程度の遮光で、鮮やかな色が見えるということ。

映画って、暗室じゃないと綺麗に投射されないもんなのかと思ってました。

これって今のプロジェクターの進化なのか、もともとそういうもんなのか。





続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

今日もストの日

本日、私の覚えている限りでは今年2度目の大型ストライキが、フランス全土で行われています。

誰がストしてるかって?

フランスで大型ストライキが行われるときは、公共機関・公務員&準公務員、国営企業&準国営企業が軒並みストを行うので、今日は公共交通とか公立の学校とかの稼働率は50~30%ぐらいないんじゃないでしょうか。

職場には郵便が届いたので、近所の郵便局はとりあえず働いてるのかな?





前回の大型ストは1月下旬頃、「この未曾有の大不況に、政府の対策案がなっとらん」という理由で行われました。

今回は、要約すると、「前回の我らのスト以降、何か具体的な対策は打ち立てたんかい、このボケ!」っていう、理由からストが決行されたようであります。





すごいよね。

世界的「みぞゆう」の大不況なんだからさ、そんな簡単に景気対策なんか打ち立てたとしても効果が即でてくるるわけないんだからさ、もうちょっと様子見ようよ。それよか、リストラされないようにそんな頻繁にストする前にちゃんと働こうよ。

って、日本人だと思っちゃったりしますよね。

でも、フランスの公務員・準公務員のみなさん(今回は民間の労組の人もかなり賛同しているよう)は、とりあえず「スト」というアクションを起こすことで、国を政府を動かそうとしているのであります。

それはもちろん、「ストライキをすることは我々の権利だし、それを理由に解雇されたり減給されたりすることは違法」って前提があるからこその、ストライキなんでしょうけどね。







特に、交通機関や不況で窮地に立たされている民間企業の会社員の皆さんのストはとりあえずおいといて、公立学校のスト。

そもそもさ、義務教育の公立学校なんてさ、一番不況のあおりを受けない業種じゃん。

ストライキは絶対学校が休みの水曜日には行われないんだよね。

なんで? 水曜日でいいじゃん。給料は月給で払われてるんだから。

自分たちが休みの水曜日に路上行進するなり街頭演説するなりして、訴えたいことこと訴えればいいじゃん。

毎週水曜日と週末が公休の上に、ふた月に1回2週間の学校休み(おまけに夏休みは7,8月の丸2ヶ月)、その上ふた月に1回のペースでストで学校休みにしていたら、子供たちの学習カリキュラムはどうなっちゃうの?

その辺きっと考えてないよね、先生たち。





義務教育じゃないけど幼稚園でも公立は、恐らく今日あたりストライキしてるんだよね...『Solidalite!団結!』なんて奇麗ごと叫びながら。

来秋9月からが思いやられます...











続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
プロフィール

minette2

Author:minette2
にーとまーの5歳違いの日仏男児との日常を綴っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR