今年三回目のサーカス

カテゴリをなんとしようか迷いました。

べべのことでもあり、好きなことでもあり、非日常でもあり…

(「おでかけ」にしたのは、このカテゴリの日記が一番少なかったから









今年3回目、

そしてフランスに来て3回目、

で、べべにとっては生まれて3回目のサーカスに行ってきました。







続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



御勤めご苦労様でした

9年近く愛用してきた時計が、とうとう壊れてしまいました。



正確には、壊れたのは、時計のメカ機能ではなく、

ベルトの取り付け部分。









先月だったか、痛んできていたベルトの交換に

スウォッチ専門店に持っていったときに、

「ベルト取り付け部分が一箇所壊れているので、このまま取り替えても長くは持ちませんよ」

という指摘を受けたのですが、

こんなに早く寿命が訪れるとは…









「それ、安そうな時計だなぁ」

と、からかわれたこともあるこのプラスチック・スウォッチ。

時計は見かけじゃないの、機能性よ!

とか言っちゃって、実は文字盤も微妙に見難かったこの時計。

今4時なの、5時なの?とか悩むことも少なくありませんでしたが、

それも愛嬌って感じで私は気に入っておりました。









壊れたベルト取り付け部も小さなプラスチックなので、修理は不可能。

もうベルトを留めることもできないのに、健気に時を刻み続けています。









8年半前、渡仏が決まり、勤めていた会社を辞めるときに、

同僚たちがプレゼントしてくれたこの時計。

「Minette、もう遅刻しないようにね♪」

なんて、イタい激励と共に贈られたプレゼントでしたが、

あいかわらず遅刻マンの私でありますョ、辛口のSGOB&Gの皆様。









あれから。

ユーラシア大陸横断旅行中も、

フランス生活が始まってからも、

こちらで就職してからも、

子供を生んだ後も

私の左手首にずっと納まっていたスウォッチ。

私と密着して過ごしてきた時間が、多分、

左手薬指のリングの次に多いアクセサリー。









本当に、御勤めご苦労様でした。



続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記録的な…

フランス時間で現在10月30日金曜日ランチタイムです。







ブログ管理画面を開いてみてびっくり。







本日アクセス数が540超えてます。







え、なに?

何が起こってるの?







ちなみに、普段は一日40件ぐらいのアクセスしかない私のブログであります。

今日はその10倍以上のアクセス。

そのうち13件はコカゲさんのところからお邪魔いただいた方のようで、アクセスリンク先がコカゲさんのブログになっていましたが、(コカゲさん、メルシー)、大半の500件以上のアクセスがどこからあったのかは不明。







どなたかが、私の4年に及ぶブログ日記をどんどこ読み進めて(もしくは読み下って)くださっているのかしらん???







どなたかは存じませんが、ご訪問ありがとうございます。

極めて自己満足的な日記ではありますが、やっぱりアクセスいただけるのは、励みになります

せっかくだから、是非いつか、コメントを残していって下さいね

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

夜驚症、その後

先日『夜驚症』のことをブログにして以来、その言葉をアクセスワードに私のブログに行き着く方が毎日何人かいらっしゃるので(おいでやす~)、その後どうなったか、という報告もしておきます。









夜中に泣き叫ぶべべを起こして落ち着かせ、その後私か夫が添い寝する、という夜が何日か続きましたが、

「これじゃ、根本的な解決にならないよね」と夫婦で話し合いました。

だからって、どうしたらいい?

これっていう説得力のある解決法が、素人調べでは見つからず困っていました。

ちょうどその時期たまたま、べべが喉の風邪を引いたのか咳き込むことが多くなったこともあり、かかりつけの医者を訪ねて、咳の具合を診てもらうのと一緒に夜驚症のことを相談することにました。









「よくあるんですよね、特に男の子に。ちょうど幼稚園に通い始めたりした頃は、がらっと環境も変わるし、おばけやモンスター、狼(フランスでは「狼が襲いに来る」、という子供向けの脅し文句がよくあります。三匹の子豚も赤頭巾ちゃんもそうだしね)なんかのお話をよく聞くようになって、現実と仮想の話を混同してしまいそれを夜夢に見るようになるんです。だから、子供を寝かせる前に、『夜中におばけや狼は出たりしないから大丈夫だよ。それにお父さんとお母さんはすぐ隣にいるからね』とよく言い聞かせて、安心させてあげてください。それから、子供の寝室に夜光灯を点けてあげて、夜中にもし目を覚ましても子供が部屋に何も怖いものはいないと確認できるようにしてあげてください。」

というアドバイスを先生から受けました。









で、早速その夜から実践してみました。

すると、パタッと夜中に泣かなくなったのです

(再発しないという保証もないですが)









「夜中におばけや狼が出たりしないから大丈夫だよ」という文句は、最初の夜以降は特にしてないのですが、小さい夜光灯(コンセントに挿すだけのタイプのフットランプ)は毎晩点けてあげています。

こんな小さな灯りが、効果的なんだねー、とダンナとびっくり。

私は小さな明かりでも部屋に残っているとなかなか眠りにつけない性質なのですが、小さい子はやっぱりちょっと灯りがあるところの方が安眠できるのかも知れませんねぇ~。









それにしても、子供の夜驚症で悩んでいるヒトは、結構いるのだなぁ、と、ちょっとびっくりしました。

だって、辛いですよね! 

親だって疲れてるのに、毎晩子供に起こされるのは!!

(夜眠れないのは、夜通しで眠ってくれない赤ん坊の時期だけだと思っていたのにね)

夜光灯をまだお試しでない方、是非試してみてください。

お互い、頑張りましょう

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

バイバ~イ

昨日の八百屋での出来事。

保育園にべべを迎えに立ち寄った(今週は幼稚園は秋休みでお休み中)足で、ふたりで八百屋に行きました。







「ほうれんそうとポワロー(ポワローねぎ)を買うんだよ」と(日本語で)言ってあったので、

「Ou est ほうれんそう(ほうれん草はどこ)? Ou est poireau(ポワローねぎはどこ?)?」と日本語交じりのフランス語でべべが私に訊いてきます。







基本的に私がべべに話しかける言葉は日本語ですが、べべから返ってくる返事はほとんどフランス語です。

ただ、単語は日本語で理解して鸚鵡返しできることが多いので、上のような会話になります。







レジで支払いを済ませて、八百屋のおじさんに、

「Merci, Au revoir (ありがとう、さようなら)」

を言った後、べべにも、

「はい、八百屋さんに『バイバイ』して」と言うと、べべが、

「バイバ~イ」と手をふりふり八百屋のおじさんに言いました。

珍しいっ! いつもはたいていもじもじしちゃって何も言えません)







すると、おじさんも

「バイバ~イ」と手を振ってくれました。







「Il est Japonais? Il parle le japonais?? (あの人日本人? 日本語喋るの??)」

驚いたべべがお店を出た後も私に訊いてきました。

いやいや、バリバリのフランス人だと思うよ。







「バイバイはね、ホントは日本語じゃないんだよねー」

と私が言うと、

「Mais, c'est le japonais (え、日本語でしょ!?)」とべべ







日本語って言うか、日本語になった英語って言うかね…

3歳半児でもわかるように説明するのが面倒困難だったため、

「バイバイは簡単だから、誰でも言えるんだよ」

ってことにしておきました。







その話を夜、ダンナにすると、

「日本語でAu revoirは、『さようなら』だろ。最初から『さようなら』ってべべに教えればいいじゃないか」

と言われました。

「お友達同士、親しい者の間では、『さようなら』なんて言わないもん」

と答えたのですが、確かに八百屋さんには、「さようなら」で良かったかもね。







べべ、バイバイは英語だぞ。すごいな、英語Anglaisも話せるなんて」とダンナがべべに言うと、やっぱり

「Mais, c'est le japonais (え、日本語でしょ)!?」というべべの反応。そして、

「C'est quoi anglais? (英語ってなに?)」という質問。

ほらね、そっから説明しなくちゃいけなくなるじゃん。







日本語には英語の言葉がたくさん混じってるんだぞ、とダンナがべべに説明してましたが、どこまで理解したんだか。

とりあえず、フランス語と日本語以外にもどうやら言語があるらしい、ということは、わかったようであります。







これまで道や公園でアラブ語やら自分の知らない言葉で会話してるヒトたちとすれ違うと、

「ils parlent n'importe quoi (なんか訳わかんないこと喋ってるね、あのヒト)」

と失礼なことを言っていたべべでありますが、これからは、それが、自分の知らない言語なんだ、って理解できるかしら???



続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ほうれんそう

帰宅途中に立ち寄った近所の八百屋で、来仏8年にして初めて見つけました。







根付きのまま束で売られているほうれん草









ずいぶん小ぶりだけど、日本で売っているような束のほうれん草。

嬉しくて思わず買っちゃいました











フランスで出回っているほうれん草は、

根元が切り取られて葉っぱだけバラになったものを、

必要な量だけ秤売りしてもらうというのが主流です。









日本の八百屋でほうれん草が根付きで束売りされているのを見せられたフランス人が、

「これはほうれん草じゃない!」と言ったという逸話がありますが、

フランスでほうれん草を初めて目にした日本人主婦もきっと、

「これはほうれん草じゃない!」と思うことでしょう。











どうせ根元などみんな切り落として捨ててしまうのだから、

ということであらかじめ切って売られているのでしょうが、

日本風にお浸しを作ったりするときに、至極不便。



ばら売りのほうれん草だと、

茹でた後に葉っぱと茎の方向を揃え直して切らないと、

お浸しは綺麗に盛り付けできないからね。











ま、お浸しにするより、バター炒めとかにしちゃうことがほとんどなんだけど。

野菜嫌いのべべもほうれん草は大好き。

特に、バター炒めは、おかわりをねだるほどの好きよう。











ちなみに、今宵は、三枚肉の煮汁に添えていただきました。

明日は、このお汁に煮浸しにして食べよう

ほうれん草ってなにしても美味しいよね。

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

おにいちゃん

今日はべべゴッドファーザーファミリーが、私達の住む町に遊びに来てくれました。

















続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

べべ、救急デビュー

昨日、午後2時を少し回った頃、携帯にダンナから電話が入りました。



べべが事故にあったと幼稚園から呼び出しを食らった。腕の骨が折れてるかもしれないようなので、これから救急に行くから」という連絡。





嘘!?!?







続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

やたらと忙しなかった夜

こう、なにかと集中してしまうタイミングってあるんですよねー、時々。

昨夜はむちゃくちゃ忙しなく過ぎていきました…

半分以上愚痴なので、お付き合いいただける方だけ、読んでやってください。













続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ちゃんと見てくれてる?

べべ、先週の金曜日に眉間と鼻にすり傷を作って帰ってきました。

友達とプロレスごっこをしてて押された拍子に転んでこしらえた傷、というのが本人談。









ダンナが金曜日のお迎えに行ったとき、傷のことを尋ねると、午前中担当の先生は、「お昼寝時間まで傷はなかったはずだから、その後のリクリエーションの時間でしょう」と言い、午後の担任の先生は、「私が午後見たときはもう傷があったから、午前中に起こったことでしょう」と言い、アシスタントの先生を含めて誰もその瞬間を見ていなかったということ。









泣き虫のべべのこと、絶対に大声でしばらく泣いていたはず。

べべ、泣いちゃった?」と訊くと、

泣いたけど、Kくん(べべ曰くのべべを転ばせた張本人)が、「泣くのはやめて、深呼吸して!」って慰めてくれた、と答えます。











まぁ、30人の子供を同時に見ているのだから、先生もアシスタントも他の子にかかりきりになっていて、べべの泣いてる様子に気がつかなかったということもあり得るでしょう。

私もダンナも、先生の子供たちの管理状態に、まぁ不満は全くないという訳ではありませんでしたが、納得せざるを得ませんでした。











だけど、「ちょっとホントに大丈夫!?」と思ったのは、今朝のこと。

午前中担任の先生に、いつものようにBonjourとべべを挨拶させようとすると(挨拶を促すけど、実際はべべ、もじもじして挨拶がちゃんとできません)、先生がべべ、の顔を見て

「あら、べべくん、怪我しちゃったの? Ah, la, la, tu as fait bobo?」と言うのです。

昨日新たに他の傷を作ったわけもなく、金曜日にこしらえたべべの顔の傷を見て、先生がそう言ったのです。











あのねぇ!



あんたの目は節穴!?



もう金曜日の午後から



この傷あるじゃん!!!












しかも、今日は火曜日。

昨日ももちろん傷はあったわけで。

忘れちゃってんの?











いくらひとりひとりに目が届かないからって、顔に傷がある子がクラスにそう何人もいるわけないしさ、普通それぐらいは記憶に残るよね。

見てくれていないだけではなく、気にかけてくれてもいないんじゃないの?











べべが、幼稚園の先生をいつまでたっても好きになれない理由が、なんとなくわかったような気がします。

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
プロフィール

minette2

Author:minette2
にーとまーの5歳違いの日仏男児との日常を綴っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR