TOKYO

先日、ダンナがべべを連れて近所の図書館へ行き、初めてべべの図書貸出カードを作った時のエピソード。









一昨年まではこの図書館の会員カードを持っていたダンナのデータは図書館のコンピューターにまだ残っていたようで、受付のお姉さんがパソコンをたたきながら、

「住所は変わっていませんか? (Vous habitez toujours au meme endroit?)」

と聞きました。









ダンナが、変わりありません、と答えると、横からべべが、

「僕たち、TOKYOに住んでるの!? (On habite a TOKYO!?)」

と質問してきたそう。







続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



ひらがなに目覚めた!

我が家のトイレに貼ってあるひらがな表。

しまじろうの付録としてついてきたこのひらがな表、

貼ってからもう、かれこれ、半年近くになるでしょうか。









貼って間もない頃こそは、

「Je l'aime pas! (これ、好きじゃない!)」

べべに引っ剥がされていたひらがな表ですが、

貼って剥がされて、貼って剥がされて、と繰り返しているうちに、

彼の方が根負けしてしまって今に至るというわけ。









これが、や~っと功を奏してきた模様!













続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

今年のボジョレー・ヌーボー

さしてボージョレーを待ちかねていたというわけでもないのですが、

土曜日、週の一度の買出しに出かけたスーパーにボジョレーコーナーがあったため、

今年の品定めをしてみましょうか、と買ってみることにしました。

こういう話題って、解禁日に記事にしないと、面白くないんですよねー。

わかっていながら記事にしちゃいます。すんません













ボジョレーコーナーの中で、

「このラベルが一番かわいい」と手が伸びてしまった一本。

やっぱりボジョレー・ヌボーはラベルが華やかで個性的なのが多いなぁ。











肝心なお味の方ですが、

美味しかったですよー。

初物にありがちなインスタントの味が全くしなかった。

この日の夕食のパエラととっても相性が良かったです











今年の夏は暑くて天気の良い日に恵まれ、

かつ初夏と晩夏には適度に雨も降ってくれたので、

葡萄も干上がらない程度にお日様をいっぱい浴びて、

美味しく濃厚でジューシーになったのかもね。

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

Bonjour

最近、幼稚園の先生にも、登園途中に会うお友達にも、「Bonjour」が言えるようになってきたべべ

ついこの前までは、もじもじして言えなかったのに。

やっと幼稚園に馴染んできたって、感じかな?









私に「ほら、Bonjourって言いなさい」と諭されなくても、



朝エレベーターで一緒になったご近所さんにも「Bonjour」。



マンションの門の前で会った管理人さんにも「Bonjour」。



ついでに、道ですれ違った見知らぬおばさんにも「Bonjour」。

おばさん、さすがにびっくりしてました。

でも、「Bonjour」と言い返してくれてから通り過ぎていきました。









「おかあさん、なんで今のおばさんに『Bonjour』って言わなかったの? 礼儀正しくないよ」

べべ





私: 「えーとね、おかあさんあのヒト知らないからだよ」



べべ: 「エレベーターで会ったヒトも知らないヒトだったよ」



私: 「でも、あのヒトは、ご近所さんだからさ」



べべ: 「あのおばさんもご近所さんかもしれないよ」



う~ん、そうだねぇ。そういう可能性もあるねぇ

それにしても、いいつっこみだねぇ









しばらく、家の近所ですれ違う人たちにも、「Bonjour」って言うようにしようかしら??

気持ちよく朝が迎えられそう????





続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

実家から送られてきた小包と

夕方帰宅すると、実家から送ってもらった小包が届いていました。

SAL便で4週間近くかかって届いた小包。

いつもより時間がかかってたから、

どっかにいっちゃったんじゃないかしらと、

心配し始めたところでありました。

ありがとー!!









中身は、先月ア○ゾンで購入し、実家宛に配送してもらっていた

べべ用の絵本2冊と、

楽△でこれまた購入して実家配送にしておいたブーツ(!)と、

父がべべのために買ってくれたという絵本が1冊。









ちょうどブーツの試着を終えた頃に、

電話が鳴りました。

姉からでありました。











このあと、ホントに今の気持ちのやり場がないから故の

日記みたいになっちゃうので、

興味がないヒトはスルーしちゃってくださいね。





続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

交通事故現場の横を通り過ぎながら

帰宅途中に、パトカーによって交通規制されている交通事故現場を自転車で横切りました。











毎日、朝と夕方、自転車通勤をするときには必ず通る道で、

しかも、自転車専用レーンでもあります。











自転車専用レーンとは言っても、車道の脇に作られた自転車専用レーン。

しかも、横を走る車道は自転車とは逆走する形で走る一方通行路。











この一方通行路に交差進入してくる車は、

たいてい車の来る方向の確認しかせず、

逆方向からよもや自転車が走ってくるとは想定していません。

自転車専用レーンがありますよ、という

標識が出ているのにもかかわらずです。

だから、私もここではいつもペダルを漕ぐ足を緩めて、

進入車が来ていないか、

来ていたらこちらを注意しているかどうかを

確認してから通り過ぎるようにしています。











今回の事故現場も、ちょうど、そのあたりで発生したようでした。











ちょうど救急車が到着した時分だったのか、

担架の上に乗せられた人物の蘇生作業らしきことが

行われている最中でした。

その横でドライバーであろう男性が警察の聴取を受けていて、

シルバーのバンが止まっていました。











被害者と加害者。

自分も、このどちらにもなりうるのだと身震いしました。











この季節のフランスは日照時間が少なく、

朝も夕方も通勤時間あたりは薄闇に包まれており、

視界ははっきり言って最悪です。











最近ロードバイクにはまっている友人から、

「車は自転車に注意して走ってくれないから、

蛍光カラーのウエアを着てサイクリングしてる。

自転車通勤でもそういうのを着たほうがいいよ」

と忠告を受けたのですが、

真剣に蛍光材とか反射材とかを体にベタベタくっつけて

自転車に乗ったほうがいいのかなー、

と考えてしまう夜でありました…











一寸先は闇、そのまんまだもんね。





続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

母子ではまっちゃいました

べべとパソコンで遊べる知育サイトを見つけました。







その名も、げんきこくご









神経衰弱の要領で、並んだカードを2枚ずつめくって、同じひらがなを見つけていくというゲーム。

めくったひらがなの音が出るので、ひらがなの形と音を覚えるのにも、もってこい。

「う」と「え」とか、「め」と「ぬ」とか、よく見た目似たひらがなを結構混同しがちだったべべですが、これは視覚と同時に聴覚でも文字の確認ができるので、ちょうど良いみたい。









なによりべべ、もともと神経衰弱(ペアあて)ゲームが大好き。

パソコン上でゲームをするのは初めてだったんですが、クリックもすぐひとりでできるようになっちゃった。

効果のほどはわかりませんが、しばらくこれでひらがな遊びができそうです。

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

UPとPUBLIC ENEMIES

タイトルは、最近見た映画2本。

オリジナルの映画タイトルです。







ぜーんぜん、違うタイプの映画で、一本は親子三人で、一本は子なしで鑑賞しました。







日本では公開されてるのかな?







ネタバレになっちゃうといけないので、続きは二つとも観る気がないヒトか、もう観てしまったヒトだけ、読んでください。





















続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

白髪は抜くと増えるのか?

先日義母が遊びに来ていたときのこと。









べべが何を思ったのか、突然義母に要らぬことを喋り始めました。

べべ: 「ママもパパも年をとったから白髪があるんだよ」

義母: 「あら、パパはともかく、ママは白髪まだないでしょ?」

べべ: 「あるよ。この前パパと一緒にママの白髪抜いたもん」









おいおいおい、なんてことをカミングアウトするんじゃー!!









私ももうじき不惑なので、人並みに白髪も出てきていて、

ときどきダンナに頼んで白髪を抜いてもらったりするのですが、

先日たまたま私の膝元にいたべべが面白がって、

ダンナと一緒に抜くのを手伝ってくれたのです。

(が、べべが抜いてくれたのは、まだまだ元気な黒髪3本だったので、

3本目の黒髪が抜けた時点でやめてもらいましたけどね)









義母(私の方に向き直って): 「あなた、白髪抜いてるの!?」

私: 「はい、まぁ、ときどき…はははは…」



義母:



「白髪は1本抜くとそこから



10本白髪が生えてくるって



言うわよ!」














大真面目な顔で、義母が言いました。











義母はこの手の冗談は言わないタイプのヒトです。

多分、本気で言っていたと思われます。











白髪を抜くと増えるっていうのは、今までも日本人の友人から何度か

聞いたことがあったのですが、

「そんなわけないじゃん」

と取り合わずに今まで白髪をプチプチ抜いてきましたが、

フランス人から「白髪を抜くと増える説」を耳にしたのは

これが初めてのことでありました。











しかも真面目な義母から出た台詞。













日本の都市伝説じゃなかったの???











で、ホントに抜くと増えるのか、ちょこっとネットで調べてみました。











そして、結論。











白髪を抜くと増える、という科学的根拠はない

ようです。が、

白髪とは言え健康な髪を無理やり抜くと、毛根や頭皮が傷つき、

抜いた毛穴の周囲もダメージにより老化してしまう可能性がある











んだそうです。

で、ちなみに、白髪が抜けた毛穴からは、白髪しか生えてこないんだそう。











とりあえず、抜かないほうが髪のためではあるようです。

でも、まだカラーリングするほどの量じゃないしねぇ。

これからは抜いてもらうのはやめて、根元近くでカットしてもらおうかしらん???











それにしても、お義母さんは、どこから

「1本白髪を抜くと10本白髪が生えてくる」

という都市伝説を刷り込まれたのでしょう…

前回抜いてもらった白髪が10倍で増えると、200本になっちゃうなぁ~。

あー、都市伝説でよかった

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

新型インフルエンザが近づいてきた

今朝幼稚園に行くと、園入り口のガラス扉に、



「Un cas de grippe A

(新型インフルエンザ一人発生)」



という紙が貼ってありました。





この幼稚園でも、一人の園児が新型インフルエンザに発症しましたというお知らせであります。







ひゃー、とうとうここまでやってきたか!

いよいよ身近になってきたなぁ。







ただ、発症したタイミングを考えると、

このまま幼稚園中に感染しまくることは、ないかな、と。







なぜなら、この張り紙が出されたのは、今朝もしくは昨日の日中。

恐らく、昨日登園しなかった園児の中に

新型インフルエンザにかかってしまった子がいたのでしょう。







幼稚園、一昨日の水曜日まで1週間半、秋休みでありました。

ということは、インフルエンザに感染したのは多分先週、秋休み中のこと。

つまりはタイミング的に、幼稚園で友達にうつしまくる、

ということはなかったと思われます。







感染しても、ほとんどが軽症で済んでいるから、とは聞いていても、

例外的なケースもあるわけだし、

やっぱりかからずに過ごせるものならそれに越したことないものね。

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
プロフィール

minette2

Author:minette2
にーとまーの5歳違いの日仏男児との日常を綴っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR