ロボコップ

補助輪なしの自転車が乗れるようになって、調子に乗ったKTA

マンションの年上のお友達の大き目の自転車を漕がせてもらったら、うまく停まれずにこけてひざ小僧に大きなすり傷を作ってしまいました。







しばらくは、こういう無茶をするんだろうなぁ、と懸念し、スポーツ雑貨店でブレイダー用のサポーターを買ってやりました。







ひざのサポーターだけで、いいんじゃないの?と言ってるのに、全部一式つけたがります。



ザ・ロボコップ!







これをつけたら、「転んでも大丈夫!」と気持ちが大きくなったようで、もう私たちが後ろから支えてやらなくてもひとりで漕ぎ出すことも、方向転換することも、上手に停まることもできるようになりました。







ただ、大きめの自転車を買ってやるのは、

「お父さんとお母さんも、お金をまずためなくちゃいけないので、クリスマスか誕生日まで待ってね」

と言い含め、延期することに。







自転車を買ってやるお金もないわけじゃないんだけど、決して小さな買い物じゃないからね…

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



自転車の補助輪が取れました!

今日、KTA、補助輪なしで自転車が乗れるようになりました!













本人もかなり嬉しかったのか、得意気に英語の歌なんで歌ってます。

(即興かなにか知りませんが、ワンツースリーと言ってるのはわかります)







まだ一人で自転車を漕ぎ出すことはできないけれど、走りと停止は、完璧。

パパが先週末始めた、補助輪とペダルを取って緩やかな下り坂(夏休みで人気の少ない、マンション地下のパーキングのトンネルを利用)を走らせるという練習法が功を奏したのか。

平日は自転車に乗ってなかったから、なんと先週の日曜日から1週間置いて2回目の訓練で補助輪が取れたという計算になります。







すごいね、子供の成長の早さって。しみじみ。







一人で発進できるようになって、方向変換も上手にできるようになったら、大きな自転車を買ってあげると約束してるのですが、時間の問題かもね…

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

野菜嫌いフルーツ嫌い

学童保育でとうとうお小言を頂戴してしまいました。











KTAくん、今日のお昼は何にも食べようとしなかったんです。



まず、トマトとトウモロコシとチキンが入ったサンドイッチ。トマトとトウモロコシを取りだしてチキンとパンにしてあげても食べようとせず、デザートの桃は言うまでもありません。見かねた園長が、KTAくんの食べられる物を慌てて買いに走り与えるという、異例な結果となりました」















すみません…















そう、KTAはフルーツは全般嫌い、野菜も食べられるものが限られているし、生野菜は完全にアウト。



パンもチキンも食べなかったのは、その間にトマトととうもろこしが入っていたのを見ていたために、「トマトととうもろこしの味が残ってる!」と思い込んでいたに違いないのですが、















「私もベジタリアンだから、食べ物の嗜好に関してとやかく言える立場でもないんですけどね、KTAくんはまだ4歳だし、これだけの偏食はちょっと考えものだと思うんですよ。そもそもフルーツ嫌いと言っても、コンポートは食べるし、ジュースも飲むでしょ? 頭で嫌いだと思い込んでる節があるんですよね…」



と先生。















そのとおりなんです。



私もそう思うし、家でも食べてみるように促してはいるんですよ。



でも、頑固一徹のKTA

口に含ませてみても吐きだすし、無理に食べさせようとすれば泣くし、それでも無理やり飲み込ませてみりゃ後からげーっとその時食べた物を全部吐くし…



ダメなんです。















自分で菜園とかで採取したものなら食べるとかも、よく聞きますけど、やっぱり駄目。



マミーのうちで採れたイチゴもサクランボも食べないし、学童保育の遠足で畑に行ったときに採ったトマトやサラダなんかももちろん、ひとり一切手をつけようとしなかったらしいし(T-T)。















果物・生野菜が食べられないことが原因で、



KTAくん、学童で用意する物が食べられないようでは、通園はお断りします」



とか言われちゃったらどうしよう~















どなたか、良い克服法はご存じないでしょうか?



































続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

スライサーの恐怖

買ったばかりの野菜スライサーで、薬指の先までスライスしてしまいました!!!

ひーっ!!

血、血が、止まらないー!!!

あわてて浴室に絆創膏を取りに行くも、血が溢れてくる溢れてくる…





ちょうどお風呂に入っていた息子が、

「ママ、怪我したの? 大丈夫!? 痛い?」と心配そうに、洗面台で流血させている母を覗き込みます。

「大丈夫、痛くないから」と、答えるも、ずきずきして半分麻痺してる状態の指を止血させようと必死な私。





そこへ、ダンナ登場。

「どうした…わーっ! 指切ったのかー!? 平気か!!??」

と、こちらを見ないように心配の雄叫びを上げます。

どうやら、蜘蛛とサソリのほかには、血も駄目なようです。





KTA、風呂出るぞ! お母さんのほうは見るな! 見るんじゃない!」

と興奮気味にKTAをお風呂から上げた後、中断していた夕食の支度を引き継ごうとしたのかキッチンへ向かった様子のダンナ。

ほどなく、





Putain de Merde,



ce truc a la con!!




(フランスの放送禁止用語)



という叫び声が聞こえ、ダンナが浴室に戻ってきました。

指から血を流しながら…





「いったいなにやってんのよ!!」と相変わらず止血に必死も、ダンナを詰る私。



「料理を続けようと思ってスライスしかけの玉ねぎをスライサーにかけようとしたんだよ。お前もあれで指切ったんだな! あのスラーサー買ったばかりの奴だろ。危険だから捨てよう!」

とダンナ。







この、ぶ…ぶゎかものっ!







一瞬、もう別れてやろうかと思いました。

なんで妻が指切って必死で止血してる傍から同じように指切るかな。

夕食の支度手伝うつもりなら、ほかにすることがあっただろが!







「ママー、ゆうごはんまだー」

と、子供部屋からKTAの声。







なんとかガーゼで止血させた右手を高く上げながら、左手だけで夕食の支度を終えました。

幸い、ダンナの切り傷は、浅かったからすぐ血も止まったようですが、私は指の腹をさっくり丸くスライスしてしまったため、出血が治まるのにも時間がかかりましたが、これからしばらくは右手が思うように使えなさそうであります。







新品のスライサーの切れ味は十分わかりましたが、これ、凶器になるね。







切れ味が、良いねと君が言ったから、8月3日はスライサー記念日

ちゃんちゃん。

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
プロフィール

minette2

Author:minette2
にーとまーの5歳違いの日仏男児との日常を綴っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR