今年の母の日のプレゼント

遅ればせながら、UP。

29日の日曜日は、フランスの母の日でありました。











日曜日まで待ちきれないにーちゃんから、土曜日の夜にプレゼントがどーんと手渡されました。





「今年はもらいすぎぐらいだね」と、ダンナ。



左から時計回りに、学童で作った切り貼り絵、上が家でにーちゃんが描いた家族の肖像、右上は日本語補習校で作ったペンダント(?)で、「ままだいすき (なまえ)」の文字と、私の似顔絵が描いてあります。そして右下のハートは幼稚園から持って帰ってきたポエムメッセージ。で、下真ん中が、やはり幼稚園で作ってきたペンダントとブラスレット。



母号泣











まぁ、全て大人主導によるプレゼントではあるんですが、こんなことができるようになったんだぁ~、と5歳と3ヶ月という年月をあらためて考えてしまう瞬間でありました。











ペンダントとブレスレットは、毎日朝と夕方、装着することをにーちゃんから半強制されます。

初日こそ嬉しくて自ら身につけましたが、その次の日ぐらいからは、私のパソコンデスクに置きっぱなしになっていたのを持ってきたにーちゃんに「ペンダントとブラスレット!」と催促されて、はいはい、すいませんね、と装着しております。

だって、まーに授乳するのに邪魔なのよ ペンダントはひっぱられるしさ











ポエムは、目の前で暗誦してくれました。

幼稚園で練習させられたんでしょうね。





和訳するとこんな感じ。



     



母の日おめでとう!



母の日おめでとう。

僕達の心に

色とりどりのチョークで、

フェルトペンで、マーカーで、書かれているんだ

母の日おめでとう!

あぁ! 僕は目を瞑っても言えるよ

そして、繰り返し言うよ、

今日、大きな声で、

母の日おめでとう!

お母さんがいつまでも覚えておいてくれるようにね



     










幼稚園の先生が自分に酔いしれながら詩を考えている姿が目に浮かびました。

って、私かわいくない?

それよりも、これを暗誦できた息子に後光がさして見えました。

普段使わない言葉も結構あるのに、よく暗記できたね!











補習校で作ってきたペンダントも、よく書けてます。

ハートはガタガタだけどね。

にーちゃんが自分で切ったぞって感じが良いです

そして、母の似顔絵付。



母の鼻の穴、でけぇ。











そして、家族の肖像。

これ、誰から催促されることなく、自分から描きだしたものです。



なぜか、にーちゃんとまーがはだかん坊です(笑)

パパの口の周りには、黒ひげ危機一髪のようなひげが… このひげも創作です。

パパの眉毛は釣りあがってて、ちょっと怖いお顔。

「おれが家長だ!(C'est moi le chef!!)」と言っているんだそうです。

この絵描く前に、お父さんに雷落とされてたからね。

ママは大きな口をあけて笑っているんですが、「それって赤で塗るんじゃないの?」と言ったのに、口の中が黒く塗られてしまいました。

お歯黒かい??

ちなみに、こんな赤いドレスも、私は着てないし持ってもいません。

こういうの、着て欲しいのかなぁ?











ともあれ、にーちゃんが初めて描いた、家族4人の肖像画。

『にーちゃんギャラリー』と化したキッチンの壁に、早速新作として貼っておきました。











私って、母親なんだなぁ…











毎日赤ん坊におっぱいあげてるのに、こういうときのほうが実感してしまうのが不思議です。

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



唖然呆然

国は、国の発表する放射線量を信じろと国民に言う。









地表から18mの高さで計測されている放射線量は微量なので問題ないと言う。









1mSV以内が理想であるが、とりあえず子供が学校で20mSVの被曝をしても安全、と言う。









東電は、作業員の放射線量管理は厳格に行われていると言う。









でも、自分で計測し始める東日本に住む国民が後を絶たない。

なぜなら、人間が生活しているのは地上18mではなく、せいぜい高さ2mまでだからだ。

そして、放射能汚染による影響が甚大な小さな子供たちは地面にしゃがんで土遊びだってする。

放射性物質は地上18m以上の大気中に漂い続けるのではなく、大地に降り積もるのだ。

土壌に堆積し、アスファルトに降ったものは雨水に洗い流されて排水溝へ向かう。









そして、子供が被ばくする可能性があるのは学校だけではない。

公園でだって遊ぶし、運動場にだって行くだろう。

そして、放射能に汚染された食品や水だって口にする可能性があるのだ。









作業員にいたっては、杜撰な放射線管理によって、また2人の作業員が上限250ミリシーベルトを超える被ばくをしていた可能性が出てきた。









なぜ全ての作業員に線量計を配らない?

なぜ東日本の全ての自治体や学校、幼稚園、保育園に線量計を配布し、線量のモニタリングを徹底させない?

なぜ国民の生活に関わってくる高さでのモニタリングをしようとしない?









世界から送られてきた線量計が成田の通関倉庫で止まっているという情報は、Twitterで目にしたことがあったけれど、フランスのNGO団体「脱原子力ネットワーク Reseau Sortir Nucleaire」のサイトに、5月19日の厚生労働委員会の外国政府から贈与された放射線計量器に関する質疑応答のやりとりのビデオが仏訳文(文字起こし)つきで掲載されていた。

http://groupes.sortirdunucleaire.org/Actualites









もう10日以上前の厚生労働委員会の質疑応答なので、その内容は知っている人も多いかもしれないが、簡単なやりとりは以下の通り。

******

質問者・福島瑞穂(社民党)

外国から放射線線量計がたくさん送られております。いくつぐらい送られて、現在どこで使用されているか、教えてください



武藤審議官(外務大臣官房)

「3月20日、21日 米国から放射線線量計3万1000枚→防衛省、消防庁、東電へ。

4月29日 米国から個人線量計2000個→福島県、農水省、厚労省へ。

4月2日、12日 英国から放射線サーベイメータ249個→東電へ。

3月25日 フランスから放射線測定機250個→福島県、消防庁、東電へ。

4月10日 フランスから個人線量計310個→東電へ。

4月6日 カナダから放射線サーベイメータ154個、個人線量計5000個→福島県、東電へ。

4月9日 ロシアから個人線量計400個→農水省、原発災害支援チームへ。

5月4日 韓国からサーベイメータ20個→原子力安全保安院へ。

4月5日 フィンランドサーベイメータ50個→茨城県へ。

…と承知しています」



福島「約5万個、外国から計量計が寄付されているわけですが、…全部これはすでに配布済みということでよろしいんでしょうか?



武藤「今申し上げたところに配布してございます

(と、なんどか福島議員から同様の確認を仰がれ、武藤審議官はその都度「配布している」と回答している)



福島「東京電力に確認いたしました。3月25日のフランス政府からの分は63台、4月10日フランスからきている分は、今後もらう予定であると。まだ配っていないんじゃないですか?



武藤「少なくとも受け入れは決まっていると…、具体的に受領しているかは把握しておりません



福島「おかしいじゃないですか。配布済みだっておっしゃったじゃないですか。倉庫に入っているんだったら現地に行ってないですよ」



武藤「申し訳ありません。日本に到着して倉庫にまず入れております。受け入れ先には逐次配布しておりますが、まだ、予定であるところもございます。(しどろもどろ)」



福島「予定であるところはどこですか?まだ倉庫に入っているものはどれくらいあるんですか?



武藤「確認してございません



福島「外国から受け入れて倉庫に入れてあると。悪いけど、放ったらかしてたということになりませんか?…1カ月以上たって、まだ倉庫の中にあるんですよ。武藤さん!倉庫の中に、成田の中にかなりあるんじゃないですか?」



福島「他のものについては全部現場に行ってますか?フランス以外についてはどうですか?



(審議中断)



中西審議官(経産大臣官房)「…把握できておりません」



福島「成田に1万9000個留め置かれているとも言われているんですけど、これは事実ですか?



中西「現状把握してございません



福島「保安院、これは質問通告しているんですよ。配布したかどうか言ってくださいよ」



武藤「確認してございません」



中西「把握してございません



福島「嘘ですよ。把握しているでしょう」



回答なし



瑞穂「じゃあ、確実に配布したところだけ教えてください



武藤「…現段階では把握しておりません



福島「さっきと全然違うじゃないですか。今日(どこにどれぐらい配布されたか)答えられないということは、(配布先に)行ってない可能性が高いじゃないですか。どこが、いったかということは言えるんですか?



回答なし



福島「みんな、線量計欲しいんですよ。配られないってのはひどいですよ。大至急、配布した日時と場所を報告してください









「外国政府から贈与された万を超える単位の線量計は配布されているのか?」

という質問に対して、



「配布済み」

と答えたくせに、配布してない事実をあげられて切り込まれると、



「配布先は決まってるけどまだ予定のところもある」

と答え、

どこにどれぐらい既に配布済みなのか、とつっこまれると、おきまりの



「(現段階では)把握していない」



というように、回答が二転三転していく。

都合が悪くなるといつも、「把握していない」「確認していない」のオンパレード。

これは、政府や官僚だけではなく、東電も然り。









これが国を代表する、国民の健康を守る立場にある人たちなのか。

もう怒りを通り越して、呆れて天を仰ぎたくなる。









今東日本にどれだけ自分の幼い子供達を守るために、自己防衛としてのモニタリングを切望している人がいるだろう。

どれだけのお母さんたちが、自治体に学校等の放射能汚染のモニタリング実施の嘆願書を書いているだろう。









それだけではない。

この厚生労働委員会のビデオは、フランスのサイトから拾ったのだ。

既にフランス、そしてたぶんフランスだけではなく他の国にも、日本に線量計をこれだけ送ったのに、倉庫に置きっぱなしにされている、と伝わってしまっているわけだ。

外国にも、日本政府は日本人の健康・命を軽視して、真実を隠そうとしている、と理解されたことだろう。

そして、「せっかく有効活用してもらおうと早くから送っているのに、倉庫にほったらかしにされてるなんて。もう日本には助けの手を差し伸べても無駄だな」と思われることだろう。









日本は、この政府、この官僚達と、心中するしかなくなるのか。









国は真実を知った国民がパニックを起こすことを恐れて、情報統制することにやっきだ。

TV、新聞ぐらいだったら、その統制も何とかなるかもしれない。

しかし、ネット社会である今、思うようにはいかない。









どうせもう、どうあがいても、国民からの信頼は失墜する一方なのだから、国や官僚に最後の良心を見せて欲しい。







続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

2011年05月30日のつぶやき




  • 「全体の限度を年間1ミリにしたら福島県内で?義務教育ができなくなる(文科省のある幹部)」http://www.youtube.com/watch?v=VPbHnNdX_OA 嗚呼、子供達の健康ではなく、現体制を維持することしか考えられない国。この動画も時期に削除されるから急いで。
    Posted at 07:19 PM




  • コンピュータ監視法審議入り、31日委員会採決強行か?!http://t.co/Fx4MdiV これが通ってしまったら、TwitterやBlogで国が「誤情報」と判断した情報を流した人間は罰することができるってことだよね。いいの、こういうの国民不在で勝手に採決して?
    Posted at 07:59 PM



  • https://twitter.com/mineminette


続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

2011年05月29日のつぶやき




  • 本日のまー。お出かけ中はちっともぐずらず、とってもいい子にしてたのに、夜はぐずぐず。抱っこの仕方をいくら変えてもおしゃぶりでもだめ。ゆらゆら家中散歩もだめ。で、隣に住むママ友からもらったオルゴール&メリー付きブランコに乗せたら、すぐ寝ちゃった。そろそろベッドに置き換えるか?
    Posted at 05:21 AM



  • https://twitter.com/mineminette


続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

2011年05月28日のつぶやき


続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

2011年05月27日のつぶやき




  • 年7㍉シーベルトの被曝で息子を失った母、語る http://t.co/bs623o8 高校卒業後、原発で働き始め8年後、累積被曝量50mSVで白血病を発症、29歳で死亡。そして今政府は国の子供達に年20mSVまで被曝させるとしている。
    Posted at 12:03 AM




  • 仏国の放射能独立情報調査委員会CRIIRADが、現在各国政府が独占している国際監視観測網による大気中放射能データの開示要求を呼びかけています。どうかご協力を!http://petitions.criirad.org/?%E8%AB%8B%E9%A1%98%E6%9B%B8,34
    Posted at 12:38 AM




  • 飯館住民の「ホールボディカウンターによる体内被曝測定要望」 政府・福島県・福島県立医科大学、すべて無回答 http://t.co/72AFjwb !!!!
    Posted at 04:31 PM




  • RT @itoshunya: 文科省が福島県の子ども20ミリSv問題で空間線量1μSv/h以上を測定した学校に対し、表土を除去する費用を国が補助することを明らかにした。ここで重要なのは絶対に20ミリSvを撤回させる事。本当に1ミリSvを目指すなら彼らの計算式では安全な空間 ...
    Posted at 04:37 PM




  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110527-00000050-mai-soci
    少し前進、と言えるよね。福島の親御さんたちの熱意が届いたのですね。よかった!

    Posted at 04:51 PM




  • まー。昨夜は10時過ぎ頃寝た後は、3時半、次が7時過ぎ。いいぞいいぞ~!体がとぉ~っっても、楽です~♪ (その後の「ぶりぶり」連弾のおむつ替えは大変でしたが)
    Posted at 04:54 PM




  • まーちゃん、現在うつぶせ寝で就寝中。最初は私の投げ出した両足の上でうつぶせって寝てたんだけど、いいかげん疲れてきたから、ソファーの上にバスタオル敷いたところにうつぶせ寝(勿論顔は横向き)にさせてみた。なんか気持ちよさそに寝とる。お腹がぐるぐるして気持ち悪かったみたいだからな。
    Posted at 06:18 PM




  • 25日付の仏国の代表紙Le Mondeが、ここまで踏み込んで福島原発事故のことを書いています。「dans les vallees empoisonnees 毒に侵された谷で」http://www.francemedianews.com/article-74804092.html
    Posted at 06:28 PM




  • フランスのNGO、西部放射能監視委員会ACROによる、日本の放射能モニタリング結果。「高度な濃度の放射能の汚染はチェルノブイリ原発事故と同レべル」http://www.acro.eu.org/
    Posted at 06:36 PM




  • 恐らく、ETV特集で飯館村で調査を続けていた今中先生もこれと同じ観測結果を持っているはず。同僚の小出先生が行政委員会で「私の同僚も観測結果を公表できずにいる」とコメントしていたように、たぶん国内では圧力がかかってて発表できずにいることは必至。
    Posted at 06:41 PM




  • 今日の現代ビジネスの記事も、かなり驚愕だったけれど… 『「東京脱出」が現実になる日』 http://t.co/XrLO3Oc
    Posted at 06:45 PM




  • 格納容器は壊れないしプルトニウムは飲んでも大丈夫と小出先生を鼻でせせら笑っていた教授。「それ(危険)を示す所見(データ)はあるんですか?」どっかで聞いた台詞だ。「データがない=リスクがない」か?http://www.youtube.com/watch?v=VNYfVlrkWPc
    Posted at 10:23 PM




  • 一方、良心の専門家達は皆同様に繰り替えす。「パニックを回避させるには内部被曝の可能性も含め正しい情報を示し、5年後10年後起こり得るリスクを国民に伝えるべきだ」と。http://www.youtube.com/watch?v=c3zdDKzEGJM&feature=related
    Posted at 10:46 PM



  • https://twitter.com/mineminette


続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

2011年05月26日のつぶやき




  • RT @mao3mao3: 「原発の事故は取り返しがつかないということを、今回の事故で学ばないとしたら、いつ学ぶのか。多くの日本人が電気が足りないと豊かな暮らしができないから困ると言っているのを見ると正直言って絶望する」小出裕章 (京大助教) http://bit.ly/ ...
    Posted at 06:24 PM




  • RT @tanakaryusaku: 新記事 『飯舘村 御用学者に振り回されたあげく』 只今アップしました。 「ミスター100mSv」の山下俊一センセイがお好きな方は読まないで下さい・・・→ http://tanakaryusaku.jp
    Posted at 06:28 PM




  • RT @yosukeyanase: NY Timesが撮影した、この子どもの写真を見てください。私は泣きそうになりました。 http://www.nytimes.com/imagepages/2011/05/26/world/26japan.html
    Posted at 06:39 PM




  • 今朝のまー。3時半、5時半、7時半のおっぱい。もー2時間おきってどーよ!と思ったら、その後ずっとZzz。4時間経過。もぉ、これを夜中にやって下さい。
    Posted at 06:51 PM




  • RT @yosukeyanase: 福島の女性4人が日曜日にドライブに出かけ、那須ハイランドパークで遊び、駐車場に帰ってきたところ・・・。辛いけど読んでください。これが現実です。 http://amba.to/l08VYi
    Posted at 07:09 PM




  • 海水注入中断した、してなかった、指示を仰いだ、聞いてない、とか、泥仕合してる暇があったら、貴方たち家族ごとみんな福島の人たちと住居交換して年間20mSV基準について話し合ったら?炉心溶融、爆発は起こってしまい、放射能は今も漏れ続けてる。それが現実。
    Posted at 07:35 PM




  • 原爆症認定集団訴訟で「内部被曝」について証言を行ってきた、琉球大学矢ヶ崎名誉教授のメッセージhttp://skazuyoshi.exblog.jp/14523426/ 原発推進の御用学者達の言葉を信じるか、これまで弱者のために孤軍奮闘してきた良心の学者の言葉を信じるか。
    Posted at 08:46 PM




  • 矢崎先生のメッセージより抜粋。「癌になって亡くなるのは、1万人に一人くらいのものでしょうか…中略…?これらの方は病名が判明してもその原因は決して解明されることがありません。決して国家的に補償されることがない被害です。」だから「直ちに健康に問題」はなく、放射能のせいにはならない訳で
    Posted at 08:50 PM




  • RT @arigato55: どちらも必見 RT @HatoriRinn: 「子供達が毎日被曝させられている」母親達の訴え  http://bit.ly/lMjfuQ  「被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態」 関西テレビ  http://bit.ly/iAbjaF
    Posted at 10:43 PM



  • https://twitter.com/mineminette


続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

2011年05月25日のつぶやき




  • http://t.asahi.com/2lea 昨日の参院会について。中継をTVで流していないこと自体唖然だけど、後藤・小出両参考人の存在がなかったかのように報道するのもどうか。朝日でさえ結局原発推進派におべっかつかってしか記事書かないわけね。
    Posted at 12:24 AM




  • で、昨日の参院会の審議中継は、こちらから23日、行政委員会を選んで視聴できます。http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
    Posted at 12:26 AM






  • 柏に続いて東葛地域のオンライン署名運動も始まりました。「子供達を放射能汚染から守ろう!」ご協力お願いします!https://ssl.form-mailer.jp/fms/442f57ee151774
    Posted at 11:23 PM




  • RT @yamamototaro0: 今日、マネージャーからmailがあった。『7月8月に予定されていたドラマですが、原発発言が問題になっており、なくなりました。』だって。マネージャーには申し訳ない事をした。僕をブッキングする為に追い続けた企画だったろうに。ごめんね。
    Posted at 11:52 PM



  • https://twitter.com/mineminette


続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

子供を守れるのは大人だけ

日本にお住まいの皆さんは、5月15日にNHK教育で放映された「ネットワ―クで作る放射能汚染地図~福島原発事故から2ヶ月~ 」という番組はご覧になったでしょうか?











私は海外在住ですが、この番組についてTwitterで知り視聴することができました。

これまで「安全です」を呪文のように繰り返してきたNHKが、今回の原発事故による放射能汚染の実態を、かなり踏み込んで映像化しています。

今週の土曜日、再々放送されるそうなので、まだご覧になっていない方には是非とも視聴していただきたいと思います。

http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2011/0515.html









このドキュメンタリーの主人公ともいえる、元放射線医学研究所の研究官・木村真三博士は、震災から3日後、自ら放射能汚染の調査を始め、放射能汚染地図を作成していきます。

メインニュースでは決して報道されない福島の現実が、その汚染地図作成のプロセスから浮かび上がってきます。











「福島の原発事故を過剰に深刻に報道している」と日本のメディアから言われている海外原発大国に暮らす私が見ても、その映像は衝撃的でありました。











ドキュメンタリーは、木村真三さんが東京の自宅のベランダで空気中の放射線物質を採取しているシーンから始まります。

今回の事故が起こった際、職場幹部が木村さんに「自主的な(放射能汚染の)調査はしないように」という指示を出したことで、木村さんは辞表を出します。











どうして木村さんの勤めていた職場--つまりは厚生労働省の研究所ですが--の幹部は、職員に「自主的な調査はしないように」と指示を出したのでしょうか?



木村さんは放射線医学博士です。調査するにしかるべき専門的なノウハウを持ち、いいかげんな数値や結果を出す可能性はまずありません(そんなことをしても、何の得にもならないでしょうから)。

なにか個人が自主的に調査をしてしまうと、都合が悪いことがあるのでしょうか。











どうして木村さんは、職を失うというリスクを犯してまで、自主調査をすることに踏み切ったのでしょうか?



その答えは映像の中にもありますが、木村さんの幼いお子さんを守りたいという信念からだったとのこと。

木村さんのご自宅は、福島にあるわけではありません。

東京です。

東京に共に暮らすお子さんが、放射能に犯されることを、危惧したということでしょうか。

それならば、原発30km圏外は安全と喧伝する国の公表情報を信じていては、東京に暮らす子供すら守れないと放射線医学博士が判断したことになります。











木村さんは3月15日、つまり福島原発爆発事故から3日後に自宅ベランダで採取した大気中の放射性物質を、京都大学、広島大学、長崎大学の放射線観測、放射線医学を専門とする科学者達に送り、精密な分析を依頼します。

京都大学にてその分析を行ったのが、私もその講演やコメントを幾度も視聴し参考にさせてもらい、時には視聴サイトをツイートさせてもらっていた小出先生でありました。











このドキュメンタリーでは、15日に東京の大気中で得られた放射性物質の分析結果は「大量のヨウ素131が検出された」というレベルに留まり、詳細には数秒しか触れていません。

http://livedoor.2.blogimg.jp/amenohimoharenohimo/imgs/d/9/d9a1e012.jpg











このデータを一瞬見ただけでどういうことなのかを理解できる方は、私のように放射能に関する知識がほとんどない一般市民にはほとんどいないのではないかと思います。











一方、小出先生は、3月18日に原子力安全ゼミにて、「3月15日に東京で採取された放射性核種」について発表しておられます。

そのときの資料をダウンロードしていたのですが、これが抜粋部分です。(資料全文はこちらの「福島原発事故の現状について」というリンクからダウンロード可能です)













ドキュメンタリーで一瞬表示された放射性物質の分析結果と全く同じものが上のグラフ。

そして、下は、それを核種毎にわかりやすく表にしてトータル放射線量を算出したものです。

Iはヨウ素、Teはテルル、Csはセシウム。











ニュースでおなじみヨウ素131は半減期が8日、132,133は2、3時間から20時間と比較的短命の放射性物質、だけど完全になくなるまでほぼ3ヶ月かかるそうです。放射線のうち約90%がベータ線、約10%がガンマ線であるため、主に内部被ばくが問題となるということ。体内に取り込まれると甲状腺に蓄積され、甲状腺ガンを発症する危険性が高まり、特に10代までは影響が大きいというのは皆さんご存知だと思います。











テルル132は半減期は3日だけど、毒性が高く体内に取り込まれると吐き気を催したりするのだそう。











そして、セシウム。

半減期は134が2年、136が13日、そして137が30年だそうです。

体内に入ると蓄積されて、100日~200日は内部に留まり、その間ずっと体内被ばくの状態が続き遺伝子や染色体に影響を及ぼすと言われています。











これらの放射性物質が、15日一日でトータル210マイクロシーベルト東京の大気中に漂っていた、という結果。

ただし、人工的に採取できるのは粒子状の放射能に限られて、ガス状の放射能は補足できていないのだそうです。

小出先生の話では、それがヨウ素の場合、6~7 倍あるのだそで、それを加味すると「およそ1000 マイクロシーベルトの線量がこの日1日あったと考えられる」ということになります。



1000 マイクロシーベルトということは、つまり1ミリシーベルト。

日本国が定めていた一般人の年間「許容値」に等しくなります。

国民が一年間に浴びてもよいとされる値の放射性物質が、わずか1日で、東京に降り注いだ、という計算!











在東京フランス大使館が13日の日曜日の夕方付けで在日フランス国民に対し、東京や関東一円に不要不急の滞在をしている者は、数日間退避するように、どうしても東京に留まらなくてはならない国民には屋内退避と勧告したのは、その時点での福島原発の更に過酷な事故の可能性を懸念したからではなく、既に放射能が東京にくることを予知していたからだったのでしょう。











ちなみに、この15日の放射線核種の表について、小出先生は23日の参議院行政監視委員会の場で、自分の上司である京都大学原子炉研究所の所長から、「そういうデータを公表するとパニックを煽るので、公表しない方がいい」という指示を受けたとおっしゃっていました。先生の18日のゼミのビデオがYoutubeから削除されて視聴できなくなっているのは、こういう規制からなのでしょう。











子供は未来です。

未来を築いていく子供達が危険にさらされる可能性が高いのであれば、それを避けるべくベストを尽くすのが私たちの役目ではないでしょうか?











親に代わって「危険だから駄目だよ」という声をかけるならまだしも、



子供たちが「必ず事故にあうわけじゃないから」と、敢えて交通事故多発地点を通学路とする学校があるでしょうか?



海水浴場で子供が監視区域を越えて泳いでいるのを「必ず溺れるわけじゃないから」と放って見ている監視員がいるでしょうか?



直ちには健康に障害はないからと、幼い子供に喫煙・飲酒を勧めるタバコ屋、酒屋がいるでしょうか?











交通事故多発地点だということを隠して通学路とするのではなく、許容水深を下げ許容波高を上げることで監視区域を広げて泳がせるのではなく、喫煙・飲酒に伴う危険性を伏せて消費させるのではなく、起こり得る危険を正確に呈示した上で責任のある親に判断を委ねるのが筋ではないでしょうか。

そして、子供を守るための危険の値について、親が自ら調査する権利を奪うことは、国と言えども主権在民である日本にはないはずです。











実際、目に見えた健康障害が発生してからでは遅いのです。

もし自分の子供がその危険にさらされるとしたら、と考えれば、自ずと答えは出ると思うのですが…。















続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

2011年05月24日のつぶやき




  • 昨夜はまた3時間おきのおっぱいでございましたー。「もう5,6時間は空くだろう!」と踏んで、夜0時近くまでうだうだ起きてたのが祟って、今日は寝不足で頭が痛い~。
    Posted at 05:00 AM




  • 夕食の準備中泣き出したまーを放っておいたら、にーちゃんが「おかーさーん」と言いながらまーをだっこしてよたよたキッチンまで来たからびっくり!きゃーっ!一旦発狂してまーを取り上げた後、気持ちはありがたいけど、もう絶対一人じゃ抱っこしないでね、とから揚げを味見させながら言い聞かせた。
    Posted at 05:05 AM




  • RT @yosukeyanase: 後藤氏証言:我々はですね、最悪の事故の可能性を考慮する必要がある。今度原子力事故を起こせば日本は確実に壊滅すると私は思います。原子力をこれ以上進めるというのであれば、絶対にシビアアクシデントを起こさないことを証明する必要があります。 h ...
    Posted at 09:32 PM




  • 広島で戦後内部被曝の実情を見続けた内科医と、愛する福島を離れざるを得なかった女性の声 http://t.co/pqEeRvO via @yosukeyanase 少しでも多くの方に視聴して欲しいです。医師肥田氏の話はもちろん、福島避難区域に暮らしていた方ならではの言葉は重いです。
    Posted at 09:53 PM



  • https://twitter.com/mineminette


続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
プロフィール

minette2

Author:minette2
にーとまーの5歳違いの日仏男児との日常を綴っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR