凹んだり、うるっときたり

2016年新年度明け。

慌ただしく2週間が過ぎ。









なにが慌ただしいって、まぁ、職場の夏休みモードが完全に終わったっていうこともあるんだけど、それよりもなによりも、まーの幼稚園の送り迎え。

登園時間は朝8時20分から30分までの10分間、下園時間は延長預かり後のお迎え時間が夕方5時30分から45分までの15分。









昨年度は夕方のお迎えは、結構ダンナに任せていられたのが、今年はそうもいかなくなっちゃって、5時45分タイムリミットでまーをピックアップするのが、私の役目になり。









そうすると、毎日ほぼ定時で仕事を上がらないとアウト。









2年前までは、それも可能な職場だったんですけどねぇ…今はとっても、無理!!

私の仕事のやり方に無駄が多いのかもしれなけど、それにしても、厳しい…

みんな残業をフツーに1、2時間してる中、ひとり定時で退出するのも、気がひけるし。









で、ついに、一昨日木曜日、お迎え時間に間に合うよう職場を出れず、定刻に10分遅れて、幼稚園に到着。









申し訳ありませんでした、仕事が抜けられなくて、と詫びるも、幼稚園の管理人さんから、



「間に合うように迎えに来ていただかないと困ります! 笑い事じゃないですから。次は警察を呼びますよ」





と、言われてしまい。









がーん。

ハンマーで殴られた感じ。









別に笑ってたわけじゃないし。

好きで遅れたわけでもないし。

常習犯だったわけでもないし。









おまけに、園長から同じ脅し文句の電話をその数分前に携帯で受けていたダンナからも、時間差で怒鳴られるし。









かなーーーり、凹み。









だけど、これがこの町の公立幼稚園の規定なんだから、私がそれを守るしか、仕方がないんだけど。









その夜、近所に住むママ友Kさんに事の次第を話し、「万が一の時、迎えに行ってもらえないかな?」と相談すると、

「もちろん!なんでもっと早く相談してくれなかったの?」

と言われ、涙。









あー、持つべきものは友だ









だけど、好意に甘えることを日常にはできないし、結局上司にあらためて現状を相談。

子供がいない上に、フランスの就労環境で仕事をしてきた人でもないので、きっと理解してもらえないんじゃないかと思っていたら、

「まず、子供のことを最優先しなさい。」

と言っていただき、また涙腺が緩みそうになり。









自分でできることは自分でする。









そのスタンスで、ずーっとなんとかやってきて、そのうち人に頼るということが、ものすごく下手くそな人間になってしまった気がする。

誰かに頼る=ペナルティ1、みたいに、取っちゃうような。

ただ、正直に、「もうダメだから、手伝ってもらえないかな」と、言えばいいだけなのに…









今後も仕事をお迎えの時間に間に合うように上がる、という基本形には変わらないけど、いざ、と言うときには、Kさんに頼ることもできる、と思えるだけで、気持ち的にすごい楽になった

Kさん、ホント、ありがとう









毎日定時で退出しちゃうと、処理しきれない仕事が溜まってっちゃう、って状態をどうにかしなくちゃっていう課題は残るけど、とりあえず、「もう、仕事人としての責任と母親としての責任を両立させられないかも」というプレッシャーからは解放された!









今週も頑張るぞ~

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



新学年度スタート

今日から、よーーーーーーーやっと、フランスの新学年度スタート。

私の朝夕のバタバタの障害物リレーも同時にスタート









それにしても長かった…

フランスで子供を集団生活の場に通わせるようになってから早10年、毎年思うけど、まじ、フランスの子供たちの夏休みって、長過ぎ。









こんなに夏休みが長いのに、年内だけを見たって、10月後半から1週間半の秋休みがあるし、12月には2週間のクリスマス休みがあるし、休みも多すぎっ!!









これじゃあ、子供達の生活リズム、整っては崩れ、また整っては崩れの繰り返しでしょう。

なんとかなりませんかね。

来年の大統領選の結果如何では、その辺も変わっていくのかしら。

(いや、先生の労組強そうだから、無理なんだろうなぁ、右でも左でも…)









まーは、今朝の登園、かなり不安だったみたい。

まぁ、去年の年中クラススタートの時よりは、全然ましだけれど。









実は、同じ敷地内にあるにーの小学校とまーの幼稚園では、新学年度のスタートする前日に、クラス分けが掲示されるので、昨日その掲示を二人と一緒に見に行ったんだけど、まー、前のクラスで仲良かった子たちと、別々になっちゃったんだよねぇ。

おまけに、担任の先生も、今年度から幼稚園に赴任してきた新しい先生。









でも、今朝会った印象では、子供の目線に合うようにしゃがんで、ひとりひとりと話をしてくれる、とってもいい感じの先生

それに、保育園時代の友達とも今年は同じクラスになれたし、きっとすぐに慣れることでしょう。

と、思っていたら、帰りのお迎えでは仲良くなったお友達に、大きな声でバイバイを言っていたので、多分もう大丈夫そう。









一方のにーさん

こっちは今朝は目覚ましが鳴る前から起きて、うっきうき









3年越しLOVEの女の子クララちゃんと、3年ぶりに同じクラスになれたから。

ほかの仲良しの男の子の友達はほとんど別のクラスになっちゃったのに、それはいいんですねぇ









結構一途なんだね、あんた。

そんなきみを見ていて、おかあさんもおとうさんも嬉しいよ。









クラス発表を見た昨日からそんなうっきうきのにーのこと、ずっとからかってるんだけど、とにかく嬉しくて嬉しくてしょうがないみたいで、

ありがとう、おかあさんとおとうさんが、クララと同じクラスになれるように祈っててくれたおかげだよ!

なんて言ってくるにー



いや、祈ってなかったけどね、別に



いつまでこんな風に、好きな子のこと、話してくれるんだろうなぁ。









これで、小学校最後の1年(←注:フランスの小学校は5年制です。)を、大好きな子と一緒に過ごせるね、よかったね

クララちゃんにいいとこたくさん見せられるように、勉強も頑張ってね









新学年度、学校の内外で、登録しなくちゃいけないこともいっぱい。



まーが初日に幼稚園でもらってきた書類だけでも、読んで確認してサインして提出しなくちゃいけないのがこんなに~。



この秋はおまけに、にーの中学をどうするか、そろそろ真剣に考えて動きださないと、私立に行かせるなら間に合わなくなっちゃうし。

仕事もプライベートも、突然慌ただしくなってきた9月初日。









とにかく、小学校最終年のにーも、幼稚園最終年のまーも、楽しい1年を過ごせますように

続きを読む


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
プロフィール

minette2

Author:minette2
にーとまーの5歳違いの日仏男児との日常を綴っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR