「この夏、日本に帰れますか?」

今日の日記は、フランスに暮らす方限定の情報になります。
公私共に、ものすごーく、この質問を受けるので、ブログに書くことにしました。



Q1. 「この夏、日本に帰れますか?」



結論から言うと、
帰れます。




はっきり言って、帰るだけだったら、有効な航空券と日本国パスポートを持った日本人なら、この春だって、可能でした。




ただし、日本国籍者に限ります。
日本人の配偶者だったり、有効な再入国許可証を持ってるフランス人でも、現在は、たとえ90日以内の短期滞在であっても、ビザを取得しなくては、日本には入国できません。




日本の有効なパスポートがない日仏子は?
最悪、日本国籍を証明できる公式文書があり、日本人親と一緒であれば、なんとか入国はできるようです。
が!
日本人として日本に入国する場合、日本国旅券を所持していることが原則です。
6ヶ月以内に発行された戸籍があれば、日本国旅券は申請から1週間でできますので、出発前にパスポートを用意することをお勧めします。





Q2.日本到着後、なにか検査、隔離措置はあるのか。

A. 6月いっぱいは、全ての入国者に対し、PCR検査が義務づけられています。
到着後、入国審査の前に、検疫所にて、PCR検査を受け、結果が出るまで原則、検疫所の指定する場所で待機しなくてはなりません。
検査自体は待ち時間を含まなければ数分とかからず終わりますが、結果が出るまでには半日から2日程かかるようです。


一方、到着後の隔離については、厳密に国指定の施設があるわけではないですが、到着の翌日から14日間、自宅などに自主的に待機し、外出しないように、要請されています。





Q3.日本到着後、公共交通は使えるのか?

A. 少なくとも、6月中は、到着後14日間は使用できません。

コロナ感染地域に指定されているに指定されている国(フランス含む)に日本入国日の過去14日以内に滞在していた方は全員、日本到着から14日間は公共交通が利用できません。これは、入国時に受けたPCR検査の結果が、陰性であった方にも適応されます。
電車、バスはもちろん、国内乗り換え便の利用もできません。
無論、6月中は、JRパスも使えません。

現在のこの措置は、今月いっぱいまでの規定ですが、延長される可能性もあるそうです。
詳しくは、厚労省のサイト「新型コロナウイルス感染症 水際対策の抜本的強化に関するQ&A」をご確認下さい。





Q4. そうは言っても、公共交通使うかどうか、2週間ちゃんと自主待機して外出してないかどうか、監視されているわけでもないでしょう?

A. 少なくとも、到着時は、空港の係員が、入国者が申告書に記載した、移動手段の場所(レンタカー乗り場や、迎えの人とのミーティングポイント)まで、同行してきますので、こっそり公共交通に乗るという行為は、できないと考えておいた方が良いでしょう。

また、到着時のPCR検査を受ける前には、3種類ぐらいの書類を記入して、提出しなくてはならないのですが、これには、待機場所の住所等連絡先、自身のメールアドレス、携帯電話番号(あれば)、そしてLINEの連絡先の記載が求められますので、到着後14日間は、2、3日おきに自分の提出した連絡先に、健康チェックの電話やSMS等が届きます。

ちなみに、日本に到着時に書いた書類、もらった書類、フランスへの出発時に用意させられた書類は、こんな感じ。
①問診票
96E18C99-AA3B-4302-8670-625A8E1572B1.jpeg

②待機要請書
792DD894-F87C-4846-A43E-11A0EA531379.jpeg

③空港から待機場所までの移動に関する申告書。
これを書かされることにより、ずるして公共交通に乗ろうとすることが、困難になります。
ちなみに、私は、友人が空港まで迎えに来てくれることになっていたので、正々堂々と記入できました。
(みずも、本当にありがとうね❤️)
C6A9B83C-B1CF-4A76-BF0A-A834C8A0A11C.jpeg

④その他、厚労省LINE登録案内、検疫済み証明、フランス側への申告書、フランス国指定国際移動証明書
1B0DF805-5E58-42FA-B8ED-657E6698CA67.jpeg




繰り返しますが、この措置は、とりあえず今月いっぱいまで施行されることになっていますが、7月以降、解かれるのかどうかは、現時点では不明です。





そして、ここからは、日本滞在後、フランスに帰る予定の方向けQA。

Q5. 有効なフランス滞在許可証や長期滞在VISAがないのですが、フランスに帰れますか?

残念ながら帰れません。非EU国からの日本人の入境は、まだ制限されています。
日本から出発する前のチェックイン時に、フランスの有効な滞在許可証の提示が求められますので、有効なチケットを持っていたとしても、フランス行きの飛行機に搭乗拒否させられる可能性は、高いです。

ただし。
駐日フランス大使館のサイトに、上の措置の例外者として、「フランス人の配偶者」という項目がありました!

有効な滞在許可証が切れちゃってるフランス人と結婚してる皆さん。フランス家族手帳とかあったら、ひょっとしたら、フランスに帰れるかもよ。でも、確実なことは、駐日フランス大使館に聞いてみて下さいね。





Q6. フランス入国時に、PCR検査や、係留義務はありますか?

まーったくないです。
外出規制がバリバリに敷かれていた5月中旬ですら、PCR検査もなかったですし、公共交通にも、普通に乗れました。
係留は自己判断に任されています。




Q7. フランス入国後、コロナっぽい症状が出たら、どうしましょう?


かかりつけ医に相談してください。
そう、もはや、コロナ専用連絡先もなくなりました。
ただし、呼吸困難等の症状が出たら、救急15番に連絡して下さい。(15番は英語可です。)





というわけで、日本はガッチガチのコロナ水際(?)対策が取られているのに対し、ゆ〜るゆるのフランス。

大統領は、昨日、長々と、対コロナ・第一章勝利宣言演説をしていましたが、いったいどのレベルなら勝ったって言えるんですかね。
3月中旬から、ほぼ、学校閉鎖状態で、ほぼほぼ親に教育丸投げされてた子供達の学力低下は、かなり深刻だと思いますがね…。みんなそろって落ちるんだから良いじゃん、ってよく聞くんですけど、そういう問題なのかな。
これを機に、全教師が、責任持ってビデオ授業ができるように、教育省が徹底指導してほしい。








スポンサーサイト




人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minette2

Author:minette2
にーとまーの5歳違いの日仏男児との日常を綴っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR