2020年ツール・ド・フランス

A111E263-25EC-4CB5-A0CA-48E21BEB7DF3.jpeg


先週末、ツール・ド・フランスが近所を走っていきました🚴‍♂️🚴🏽🚴🏻‍♀️
ツール・ド・フランス
自転車ファン、フランスが特に好きじゃない人でも、耳にしたことがあるんじゃないでしょうか。

せっかくだから、今日は、ツール・ド・フランスのご紹介。



ツール・ド・フランスって何?



ツール・ド・フランスTour de Franceは、英訳をカタカナにするとフランスツアー、つまりフランス一周レース
一周は一周でも、自転車で一周します。
2020年で第107回大会を迎えたツール・ド・フランス
第一回大会は1903年、なんと明治時代に遡る、超伝統的なレースです!
毎年その行程は変わり、最近はイギリスやイタリア等のフランスの周辺国がレースの舞台になることもあったけれど、2020年はフランスオンリーの行程。
1チーム8人編成の約20チームが、山あり谷あり街中ありの全行程を3週間ぐらいかけて走って、一番早く走り終えたチームが勝ちって競技です。
選手たちは、距離にして3300km前後、高低差2000m以上という起伏に富んだコースを走り抜きます。
総合成績1位の選手に贈られる、マイヨジョーヌMaillot Jauneと呼ばれる黄色いジャージ(サイクリングTシャツ)も有名ですね。
自転車ファンの日本の友人やその旦那さんとかに、マイヨジョーヌのレプリカジャージを、何度お土産にリクエストされたことか。

ツール・ド・フランス公式ページに行くと、ジャージのオンラインショップもあるんですが(メーカーはもちろん、コックスポルティフLe Coqs Sportif)、1枚85€もするんですよー!
ひえー!
みんなどんだけ、好きなんだー!!
かく言う自分も、去年のラグビーW杯の日本チームのジャージ、紅白のもブルーのも、家族分買っちゃったりしましたけど…💦



ツール・ド・フランス、フランスでどれぐらい人気なの?



フランスって自転車愛好家人口、ものすごい多いんですよね。
自転車愛好家って一口に言っても、私みたいに毎日ママチャリ通勤してますってヒトから、毎週末VTT車に積んで山に行って、3時間ぐらい走りこむ人までさまざま。どうやって調べてるのか知りませんが、スポーツ省の調べでは、フランスの自転車愛好家人口は約900万人と言われています。
いつかはツール・ド・フランス…なんて夢見てる人はめったにいないと思いますが、自宅から職場までの3〜40分をジャージに身を包み毎日VTT通勤して、週末も山に自転車で走りに行っているというフランス人は、身近に結構います。
ツール・ド・フランスの間は、居間のTVの前を陣取って、ず~っとそのテレビ中継を見ていて、遊びに来た孫たちに呆れられているというおじいちゃんの話も、毎年7月になるとよく聞きます。

だから、「今年はこの町をツール・ド・フランスが通るぞ!」ってなると、もう、ものすごく盛り上がっちゃうわけで。
そもそもFETE(フェット=お祭り)大好きのフランス人。自転車やツール・ド・フランスに普段あまり興味がなくても、選手たちが走る道の沿道に数時間前から繰り出して、大騒ぎになっちゃいます。

選手たちが通る前に余興でパレードするスポンサーの山車も大人気。
84F6B4FC-996E-4B5A-902C-DC08FBA670B9.jpeg
お菓子やノベルティもゲットできたりして。

こういう記念グッズって、とっておくと価値が出るんでしょうかね?
と、ちょっと気になって調べてみたら…

今日、フランスeBay(日本のヤフオクみたいな立ち位置?)で売られていた、大手スポンサーの2017年大会の記念ぬいぐるみ。
これ、いったいいくらで売れたと思います?
41879DD3-22A9-4A32-9F10-AD7296B436E2.jpeg




ちく、たく、ちく、たく、ちく、たく…




な、な、なんと、驚きの59.99€、日本円で7000円ちょっとで、誰かが今日買ってました!
843D670C-5969-4899-8409-2BF01FB8E924.jpeg

ケチで有名なフランス人が、59.99€で、ぬいぐるみ買うかーっ!!!!
他にも90€で同じような大会記念ぬいぐるみ売ってる人がいました。

こちらは大小2つで、30€と、お得❤️
…なのか?

ツール・ド・フランスのぬいぐるみ、実はすごいレア物なの!?

他にも、記念キーホルダーが5€とか、記念Tシャツが20€とか…
販売済みのページのチェックでも、こんな相場。
今年ゲットしたグッズの転売をもう始めてる人もいて…



大会スポンサーの1社である、スコダ・フランスは、今年の記念グッズとして、こんなものを用意したんだそうです。



スコダの広報さん、面白すぎます。
こういう仁義なき戦いが、どうやら、毎大会、繰り広げられてるみたいですねぇ…。
グッズ配ってるスポンサーに、宣伝効果はあるのかなぁ…😅

いや、びっくりです。
それじゃ、公式ジャージが85€しても、不思議じゃないよね💦
みんなが、スポンサーの山車に群がる理由が、わかった気がしました。



2020年の大会はCOVIDの影響はなかったの?



野外スポーツとはいえ、類にもれず、ツール・ド・フランスも、やっぱり開催が危ぶまれました。
通常は7月の夏休みに開催される大会の、8月末への延期が決まったのがフランスがロックダウンの真っ最中4月中旬のこと。
8月末から始めたら、平日の行程は誰もオンタイムでチェックできないし、TV局、スポンサーはがっかりだったでしょうね。
まぁ、開催できただけよかったのか?
蓋を開けると、今大会の参加チームは全22団体と、例年と同じレベル
みんな楽しみにしてたのねー。



ツール・ド・フランスは、マッチョで環境汚染のスポーツ?



“Le Tour est machiste et polluant(ツールドフランスは、マッチョで環境汚染だ)”
ツール・ド・フランスがリヨン市を通過する数日前にこう発言したのは、この6月にリヨン市新市長に着任した、緑の党のグレゴリー・ドゥセ市長。
100年以上続くスポーツ大会なのに、男性選手しかおらず、女性部門が開催されないこと。
自転車選手たちと共に通過するたくさんのスポンサーの山車や、宣伝・広報車等などの出す排気ガスによる、大気汚染。
更に、ツール・ド・フランスが一泊二日でリヨン地域を通過するためだけに、リヨン市は60万ユーロ(750万円位)を投入せねばならなかったとのこと。
そんなこんなをつい批判しちゃった新市長。
「次にリヨン市がツール・ド・フランスの行程地となるのは、大会の性質が改善されてからだろう」とその時は結びました。

市長のおっしゃることはもっともだとは思うけど、ツール・ド・フランスファンのリヨン市民は、これから緑の党の市政が続く限りは、ツール・ド・フランスどころか、ビッグイベントがリヨンに来ることもないかも、と、肩を落としたんじゃないかな。
そんな市民の反応を気にしてか、ドゥセ市長。
その舌の根も乾かぬ、2日後の夕方には、リヨンにステージゴールした選手の緑ジャージを表彰するためにしっかり表彰台にも乗ったし、「選手がものすごい速さで通り過ぎるのを見るのは、本当に気持ちがいいし、感動的だね!」ともコメントしています。
緑の党だけに緑のジャージ…ってわけでも、ないんでしょうけれど。調子良すぎでは、市長?



ツール・ド・フランスには日本人選手も参加している!



フランスと冠のつく大会ですが、ツール・ド・フランスはとっても国際的な大会で、今年も出場全22チームのうち「国際チーム」とカテゴリー別されるチームがなんと19! ほとんどが外国人選手も混じったチームということです。おまけに、歴代総合優勝選手を見てみても、1985年以降、フランス人は不在で、全部外国人選手!(1999年から2005年は、総合優勝選手のドーピングが発覚し、タイトルが剥離されるという、黒歴史になっています…。)
総合優勝こそ果たしていないけれど、日本人選手も参加しています。
中でも、別府史之選手と、新城幸也選手は、ツール・ド・フランスの全行程を走り切ったということで、有名です。
別府選手は2009年のツール・ド・フランスの第21行程では、ステージ敢闘賞もゲットしていて、新城選手もマクラーレンのチームに所属しながら、今も世界あちこちの自転車レースで活躍しています。すごいですね!
別府選手、新城選手の活躍は、ツイッターでもフォロー出来ます♪
別府選手ツイッター
新城選手ツイッター


というわけで、2020年のツール・ド・フランスも、最終ゴールのパリ・シャンゼリゼ大通りまで、残すところ5日なりました。
COVIDで外国人観光客が激減し、閑散としているというシャンゼリゼ大通りも、今週末はものすごい盛り上がりを見せるのでしょうね。
空や沿道の街路樹、選手の背景に広がる映像から、今のフランスの季節の様子なんかも窺える、ツール・ド・フランスの中継は、アマゾンプライムで日本でも観れるようです。
アマゾンプライム会員の人は、是非、チェックしてみて下さい♬
スポンサーサイト




人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 憲法改正を急ぐ理由を知って下さい

はじめまして。コメントありがとうございます。
そういう情報があるのですねー。ですが、このブログのトピックスとは関連がない、しかもかなりデリケートな内容のようですし、こんな小さな個人ブログでは、拡散能力もないと思います。SNSとかで拡散された方が、効果があると思いますよ。申し訳ありませんが、こちらにいらっしゃるみなさんも驚かれると思いますし、いただいたコメントは、非表示扱いにさせていただきますねー。v-435
プロフィール

minette2

Author:minette2
にーとまーの5歳違いの日仏男児との日常を綴っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR